生活クラブの世界的評価

生活クラブの活動は、もうひとつの経済活動として評価され、世界的な二つの賞「ライト・ライブリフッド賞」(1989年)、「われら人間:50のコミュニティ賞」(1995年)を受賞しました。

THE RIGHT LIVELIHOOD AWARD(ライト・ライブリフッド賞)受賞

ライト・ライブリフッド賞

1989年 受賞

この賞は1980年にヤコブ・フォン・エックスキュール氏によって創設された「ライト・ライブリフッド財団」から毎年贈られるものです。

生活クラブの受賞理由は以下の6点です。

授賞式の様子

  1. 生協活動を通して、ただ物質的に豊かになることだけでなく、せっけん運動やリサイクル運動の例が示すように、社会と環境を考えながら活動してきた。
  2. 生産・消費・廃棄まで、共同購入活動を通して組合員一人一人が責任をもつ、新しい経済の仕組みを創ってきた。
  3. 大企業中心で市民が経済活動に参加しにくい中で、班組織による共同購入活動やその他の活動を通じて、民主的な経営参加の仕組みを創ってきた。
  4. 子供やお年寄りなど弱いものの立場に立つ活動、農業を守る産直運動等を通して、人間のための経済をめざし、助け合いの仕組みづくりをしてきた。
  5. 運動が成功している。人間のための経済活動や増資運動に見られるように、共感をもつ人々が増えている。
  6. しかも驚いたことに、活動の主体がふつうの主婦であること、だから運動が排他主義にも陥らず、エキセントリックでもなく、それゆえにこそ他の人々にも先例となって運動が拡大している。

われら人間:50のコミュニティ賞 受賞

われら人間:50のコミュニティ賞

1995年 受賞

国連設立50周年を記念し、「国連の友」によって企画されたプログラムの一部として、50の模範的なコミュニティが表彰されました。このコミュニティは、国連にとって重要な10部門の活動において成功を収めている市民イニシアティブの例として世界中から選ばれました。

この賞の目的としてるコミュニティは「共通の連帯感を有し、場の感覚をもっている人々の集まり」と規定されています。生活クラブは「環境保護と持続可能な発展の部門に関連した活動において成功したこと」で選ばれました。

生活クラブの受賞理由は以下の内容です。

授賞式の様子

  1. 牛乳の共同購入による経費節約の努力を出発点として、この協同組合は20万以上の世帯に供給するとても大きな商業的事業として成長してきました。それは自主管理された生活スタイルを創造するための総合的な経済戦略を促進しています。
  2. 生活クラブは環境保護、女性の権利確立、働く人々の条件改善に力を注いできました。かれらは環境や人の健康に有害な製品の取扱いを拒否して浪費的な生活スタイルに反対しています。
  3. 生活クラブは消費者が家庭の中からの行動をとおして、自然と調和した社会の創造を開始することができるということを実証しています。