生活クラブ活動情報

 活動情報一覧へ

開発ポイントは、個々人の肌質や悩みに応えられる化粧品

 

新たな化粧品の取組みに向けて準備中

安心できる素材でできた化粧品を使いたいけれど、機能性も追求したい。組合員のそんな声に応え、新たな化粧品の開発が進められています。2月15日から1カ月間モニターサンプルが配られ、その評価を元に9月には新しい化粧品のラインナップが誕生する予定です。

化粧品モニターによる評価を実施中

 クレンジングオイル、洗顔パウダー、美顔石けん、化粧水、美容液……小さな容器に入った基礎化粧品の数々。2月15日から始まった化粧品モニターに配られるサンプルです。「加齢によってしみ、そばかすが増えてしまった」「顔のたるみが気になる」「安全性は大事だけれども、仕上がりの満足感もほしい」といった組合員のさまざまな声を聞いて完成させた、2生産者による19品目の化粧品です。2006年春に5つの生活クラブ生協(東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木)で行った「化粧品アンケート」に答えて頂いた方の中から100人のモニターを選び、連合消費委員会メンバーを含めて1カ月間使用してみて、肌に合うかどうか、機能性はどうかなど、使い心地や効果を検証し、評価します。

安全・安心プラス“多様な組合員の要望に応えたい”

 生活クラブの化粧品と言えばハイムというほど、生活クラブはハイム化粧品との関係が深く、1965年の共同購入開始以来、40年にわたって愛用されてきました。1977年には使われている成分を100%公開するなど、「化粧品の成分表示」についても業界の先を行くメーカーとして知られていました。薬事法の改正で化粧品の全成分表示が義務づけられたのは2001年3月のこと。それまで一般消費者は、表示指定成分以外に配合されている物質を知ることはできなかったわけですから、いかにハイム化粧品と生活クラブが時代をリードしていたかがわかります。

しかし、残念ながら実際に利用しているのは組合員の10%ほどしかいません。「組合員の多様化する要望に応えた化粧品を開発しよう」と、2006年2月に当時の連合消費委員会メンバーによる化粧品プロジェクトが始まりました。2006年5月に行った20代から60代までの組合員を対象に行ったアンケート調査の結果、世代によって肌質が変わり、悩みもそれぞれで、特に40代の女性は「しみ・そばかす」「しわ・たるみ」への悩みを抱える人が増え、少々値段が高くても具体的な効果を実感できるような化粧品を求めていることがわかりました。「メイクアップ」よりも、肌を清潔にして皮膚の健康な状態を保つ「スキンケア」が重視されるようになり、洗顔料、化粧水、乳液、美容液等の基礎化粧品こそ「自分の肌に合うもの」「高価でもよいもの」を選びたいという人が増えていることを反映した結果なのかもしれません。

  化粧品プロジェクトでは、「基礎化粧品とは、肌の健康な状態を維持するために (1)皮膚を清潔にする、(2)皮膚のモイスチャーバランスを保持する、(3)皮膚の新陳代謝を活発にする、(4)有害な紫外線から皮膚を守る、の4つの機能を目的とするもの」とし、「かつ、肌に対する安全性を備えたものを開発すること」、そして、「化粧品は、人によって『合うもの』や『求める機能』が違うという『個別性』に配慮し、個々人の肌質や悩みに対応できるように取組みの幅

今週秋には登場予定

を広げること」、同時に「つけ心地の良さ、べたつかない、伸びが良いなど使用感の良さも追求すること」などを方針として取りまとめました。
  具体的には、旧薬事法での表示指定成分や安全性に問題のある成分は使用しない、環境に配慮した包装材を使用する、原料成分や製造工程が明らかで、環境問題についても積極的に対策を行っているメーカーを新たに選ぶなど、生活クラブ独自の自主基準をクリアしなければなりません。また、化粧品をつくる工程でどうしても使わざるを得ない乳化剤(水と油を混ぜるために使われる)や防腐剤については、使用を最小限にする、代替物質の研究を進める、といった条件を付けています。
  今回できあがったサンプルは、組合員モニターによって「より高いレベルの」化粧品にブラッシュアップされていきます。

9月には新しいラインナップが登場

 化粧品は肌質の違いや、使用感の好みなどによって、『合う・合わない』が様々です。しかし、それぞれの化粧品の特徴や使い方などを分かりやすく伝え、化粧品の疑問にも丁寧に対応できるようにしたい。新たな化粧品の展開ではサンプルやトライアルセットなどのお試し企画も充実させたいですね。ハイム化粧品についても、製品のリニューアルや美容液等の充実を進めたい」生活クラブ連合会開発部生活用品課の戸張悦子はこう話します。
  モニターの結果は4月には集約され、5月には「最終答申」にまとめられ、連合消費委員会に提出されます。早ければ今年9月には、ハイム化粧品に加えて、2つの新しい基礎化粧品のラインナップが登場します。組合員の声と期待がつまった基礎化粧品、早く試してみたいですね。