生活クラブ活動情報

 活動情報一覧へ

日本初の「国産間伐材」入りのキッチンペーパーが登場!!

日本初の「国産間伐材」入りのキッチンペーパーが登場!!

 野菜・魚の水切りや揚げ物の油切りに欠かせないキッチンペーパー。また、野菜の保存や落し蓋など幅広い場面で使われていますが、生活クラブは29週から、森林保全と林業振興への貢献を目的にした国産の間伐材入りのキッチンペーパーを取組みます。(2010年5月19日掲載) 

林業衰退で荒廃が目立つ森林

 日本の森林面積は国土の67%に当たる2515万haに及びます。このうち5分の2、約1000万haを人工林が占めていますが、安価な外国産木材の輸入によって国産材の利用は進んでいません。1955年に90%を超えていた木材の自給率は、東京オリンピックが開催された64年に全面輸入自由化されると一気に下降線をたどり、2000年には18.2%にまで落ち込みました。その後、2008年には24%まで回復し、最近は国産材が見直されつつあるといいます。  
  「輸入材が入りにくくなっているからです。合板の材料のほとんどを占めていたロシアのカラマツ材が特徴的で、ロシア政府が輸出関税を高くしたこともあって日本に入らなくなっています。また、ブラジル、ロシア、インド、中国を指すBRICsの木材需要の高まりで世界的には木材資源が減ってきています。こうした事情から、国産材へシフトする動きが出てきています」(静岡県森林組合連合会利用・購買課長の持永興治さん)  
  ところが、国産の木材価格が輸入材拡大に伴って下落し続けたことで林業が衰退し、需要はあっても伐採や搬出にかかる費用が回収できないなどの事情から、安定供給には結びついていないという問題を抱えていると言います。  
  林業の衰退は林業経営者の意欲低下をもたらしました。若者は都市部に雇用を求めるようになり、林業以外に大きな産業のない山村地域では地域の活力も低下。森林は間伐などの充分な手入れもされず、荒廃が目立つようになりました。また、戦後復興の木材需要に応えるために採られた国の「造林政策」で生み出された多くの人工林は収穫期を迎えていますが、伐採されないまま放置されている森林も目立ちます。

原料パルプに10%の国産間伐材を使用

 荒廃した森林は台風の被害を受けたり、大雨によって土砂災害を引き起こしやすくなります。さらに、地球温暖化の原因となるCО2を吸収する働きも低下します。森林の公益的機能は水源涵養など多岐にわたりますが、この機能を発揮するには森林を伐採→植える→育てる→伐採というサイクルを回す必要があります。この「育てる」段階で行われるのが、曲がったり弱ったりしている樹を伐採する間伐で、森の中を明るく保ち、残った樹をまっすぐに育てるために必要な作業です。
  伐採された間伐材は、15年ほど前までは木が未成熟だったために土木用資材などに利用されていました。最近は建築材、合板、製紙、バイオマスなど多様な用途があり、紙製品では封筒用紙やファイル用紙、印刷用紙などに使われています。 生活クラブでは2007年7月から取組みを始めたキッチンペーパータウパーを、間伐材入りキッチンペーパーの取組みに向けた実験取組みとして位置づけてきました。組合員の安定的な利用があったため、今回から間伐材入りに変更することが可能になりました。
  29週から取り組むキッチンペーパーは、原料パルプの約10%に国産の間伐材(未晒しパルプ)を使った日本初の試みです。間伐材パルプは特種東海製紙で製造されますが、そのポイントは、チップの受け入れから出荷まで、各工程で間伐材以外のものが混ざらないこと。「他の製紙会社では真似のできない独自の製造、管理方法」(特種東海製紙の北町宜暖さん)で、10%の配合量がきっちりと管理され、確認できるのです。
  なお、晒しパルプと未晒しパルプの配合比率は、これまでの取組品と変わらないので使い勝手は変わりません。間伐材入りのキッチンペーパーを使うことは、国内の森林整備と育成につながることを実感したいものです。

間伐材入りキッチンペーパーの川上から川下まで

1.静岡県など各県の森林組合連合会
各県の森林組合連合会は間伐材を集荷し、チップ化します。写真は、静岡県森林組合連合会静岡営業所の敷地にズラリと並んだ間伐材。同県内だけでも年間、約30万立方mの間伐材が出るといいます(1立方mは高さ4m、太さ50cmの木に相当)
2.特種東海製紙
特種東海製紙は間伐材チップを受入れ、それをパルプ化し、間伐材入りキッチンペーパーの原紙を製造します。受入れた間伐材チップ(写真A)は他のチップと混ざらないように専用のサイロで保管され、その後、連続蒸解釜(写真B)でパルプ化されます。これをシート化(写真C)して保管し、これらを原料にした間伐材配合製品が製造されます。
3.東海加工紙
東海加工紙は、特種東海製紙で製造された間伐材10%配合の製品を、キッチンペーパーに加工していきます。写真はイメージですが、包材には、間伐材を10%以上使った製品であることを示す「間伐材マーク」が入ります。
4.生活クラブ
生活クラブは、組合員の利用に沿い、間伐材入りキッチンペーパーを供給します。