生活クラブ活動情報

 活動情報一覧へ

生活クラブ生協・本の共同購入の「本選びの会」が日本女子大学家政学部賞を受賞

 
 

生活クラブ生協連合会は、毎月発行するカタログ『本の花束』で、良質な図書の共同購入を長年にわたり続けています。『本の花束』掲載図書は、生協組合員で構成する「本選びの会」による選書です。この会の活動が、市民自身による豊かで自立的な読書文化を創造すると評価され、「第8回 日本女子大学家政学部賞」を受賞しました。

(2015年10月26日掲載)

組合員による豊かで自律的な選書活動が評価

日本女子大学の住澤博紀家政学部長より表彰状が授与されました生活クラブ生協は図書の共同購入を1984年からはじめ、毎年20~30万冊を組合員に届けています。共同購入の対象とする書籍は、公募によって選ばれた各地の生活クラブ組合員から構成される「本選びの会」が毎月約50点を選んでいます。この選書は「本選びの会」の自主性に基づいたもので、カタログ『本の花束』に掲載する各書籍の紹介文もメンバーの執筆によるものです。この選書と紹介文の質の高さが評価され、生活クラブ「本選びの会」が「第8回 日本女子大学家政学部賞」を受賞しました。

大久保明美さん10月22日、東京・文京区の日本女子大学で開かれた受賞式では、組合員を代表して生活クラブ連合会理事の大久保明美さん(かわさき生活クラブ生協理事長)と、「本選びの会」の島野美佳子さん(生活クラブ生協・埼玉)が表彰状を受け取り、記念講演を行ないました。大久保さんは、生活クラブ生協の活動について語りました。「生活することは消費することで、消費の選択は次世代に何を手渡すかにつながっており、生活クラブは持続可能な生き方を選ぼうとする人の生協です。活動にあたっては、自分たちで決めて自分たちで実行することを大切にしています」。

島野美佳子さん島野さんは、「本選びの会」の活動内容を紹介しました。「ボランタリーな活動で、各自が希望する4つの部会――暮らし・子ども・現代社会・読み物――に分かれて合評をしながら選書しています。複数のメンバーが評価したものを各部会が持ち寄る共同企画会議でさらに議論し、『本の花束』掲載図書を決定します。表紙インタビューで紹介する著者などの人選も『本選びの会』が行なっています」。

「日本女子大学家政学部賞」は、家庭生活や生活環境に関わる諸問題を自然科学的・人文科学的・社会科学的に探求し、人類の福祉に広く貢献する活動に贈られる賞で、2008年に創設されました。過去には谷川俊太郎氏や宮崎駿氏も受賞されています。
島野美佳子さんは、「今回の受賞を励みに、豊かで自立的な読書文化をいっそうすすめることをめざします」と述べています。

図書の共同購入やカタログ「本の花束」について詳しくはコチラ

日本女子大学のウェブサイトでも紹介されました(2015年11月4日追記)
http://www.jwu.ac.jp/unv/faculty_department/human_sciences_and_design/about/awrd_home_economics/2015/