献立・レシピ

じゃがいも
2017年 4月2回

春の味覚、楽しもう!
たけのこ調理入門

たけのこの季節。「生のたけのこはゆでるのが難しそう」と敬遠しがちですが、基本がわかれば大丈夫。今年は生のたけのこを使った料理にトライしてみませんか?

カタログ紙面に掲載された「たけのこのゆで方」はこちらのページでご覧いただけます。

香りふんわり滋味豊か

たけのこごはん

1人分:269kcal 塩分:0.6g 調理時間:40分 (炊飯時間も含む)
【材料(2合分・5人分)】
  • ・米…2合
  • ・ゆでたけのこ…1本(250g)
  • ・油揚げ…1枚
  • ・(A){丸大豆醤油…大さじ2 かつおだし汁…370ml}
  • ・木の芽(あれば)…適量
【作り方】
(1) たけのこは薄切り、油揚げはみじん切りにする。
(2) 炊飯器にといだ米、(A)、油揚げを入れて全体を混ぜ、たけのこを入れて炊飯する。お好みで木の芽を散らす。

●みじん切りにした油揚げからも味がよく出てだし代わりになります。

シャキシャキ感を楽しむ

たけのことベーコンのパスタ

1人分:448kcal 塩分:0.5g 調理時間:20分
【材料(2人分)】
  • ・スパゲティ…160g
  • ・長熟だし仕込みハーフベーコンスライス…3枚(30g)
  • ・ゆでたけのこ…1/3本(80g)
  • ・アスパラガス…2本(50g)
  • ・カラーピーマン(黄色)…40g
  • ・(A){にんにく(つぶす)…1かけ 赤唐辛子…1/2本 オリーブオイル…大さじ1}
  • ・真塩、こしょう…少々
【作り方】
(1) ベーコンは1cm幅に切る。たけのこは穂先をくし型切りにし、それ以外はいちょう切りにする。アスパラガスは根元の硬い部分の皮をピーラーでむき、はかまを取り除き斜め切りにする。カラーピーマンは短冊切りにする。スパゲティをゆで始める。
(2) フライパンに(A)を入れ弱火にかける。香りが出てきたらベーコンを炒め、たけのこ、カラーピーマン、アスパラガスも加えサッと炒め真塩とこしょうをふる。
(3) (2)にゆであがったスパゲティとゆで汁お玉1杯分を入れ、弱火で混ぜ合わせ、真塩とこしょうで味をととのえる。

●具にスパゲティのゆで汁を少量加えると、パサつかずしっとりした仕上がりに。

シンプルに味わう

若竹煮

1人分:27cal 塩分:2.7g 調理時間:20分
【材料(2人分)】
  • ・ゆでたけのこ…1/3本(80g)
  • ・肉厚わかめ…5g
  • ・(A){丸大豆醤油(または丸大豆うすくち醤油)…大さじ1 三河本みりん…大さじ1 素精糖…小さじ1/2 かつおだし汁…250~300ml}
  • ・木の芽(あれば)…適量
【作り方】
(1) たけのこは穂先と根元にわけ、穂先はくし切り、根元は半月切りにする。わかめは水につけて塩抜きをし、ひと口大に切り分け、水気を切っておく。
(2) 鍋に(A)とたけのこを入れ弱火で15分ほど煮る。仕上げにわかめを入れひと煮立ちさせる。お好みで木の芽を添える。

●わかめは煮すぎるとぬめりが出て色も悪くなるので最後にサッと煮るだけにしましょう。

レシピ担当:伯母 直美
(管理栄養士、暮らしのRecipe キッチンスタジオ主宰)

ビオサポMEMO

季節の味・たけのこを楽しもう

水煮や缶詰で一年中食べられるたけのこですが、春に出回る旬のたけのこはやはり格別な味わい。新鮮なものが手に入る時期には、ぜひ生から調理して、独特の香りや風味を味わいたいですね。苦みが気になるという方もいるかもしれませんが、生のたけのこは掘ってから時間が経つにつれてえぐみが強くなるので、早めにゆでるのがおすすめです。定番のたけのこ料理や洋風アレンジなど、いろいろトライしてみましょう。

※カロリーや栄養表示は主に「日本食品標準成分表2015」に準じており、消費材の実測値とは異なります。表示方針はこちらをご覧ください。