食べ方

プロに教わる!「鶏肉の調理法」

鶏肉はいつもどこの部位を食べていますか?あまりなじみのない部位は「食べてみたいけど下ごしらえが難しそう、調理方法が分からない…」と尻込みしている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回、(株)秋川牧園の佐藤尚志さんにお願いして、鶏肉のいろいろな部位を誰でも手軽においしく食べられるように、ムネ、砂ぎも、レバー、手羽先、手羽元の5つの部位の下ごしらえの方法と簡単なレシピを紹介していただくことになりました。
どの部位も、飼育環境やエサの安全性にも配慮して健康に育てられたおいしい鶏肉。余すところなく一羽丸ごと楽しみたいですね。
この機会に初めての部位にチャレンジしてみませんか。

丹精に飼育された国産ならではの美味しさです。

生活クラブの美味しい鶏肉として、愛されている国産鶏種。国内で、3世代以上にわたって品種改良され、55日齢以上じっくり手塩にかけて飼育されています。開放された清潔な鶏舎で、太陽の光、自然の風を浴びながらのびのびと、十分に運動をして育ちます。
飼料は遺伝子組み換えをしていない穀物と国産飼料用米を使用しています。 その食べごたえ、脂っこさのない深い味わい。鶏肉本来の変わらない美味しさを、ご堪能ください。

【レバー】

  • 鶏レバーの下処理は意外に簡単、しかも短時間でできます。生活クラブの鶏レバーは植物性主体の餌を食べているので臭みが少なく、レバーが苦手な方にもおすすめです。

【砂ぎも】

  • 砂ぎもは、高たんぱくで鉄分を多く含んでいるので貧血予防にも最適です。コリコリした食感をいろんなレシピに取り入れてお楽しみください。

【ムネ】

  • 鶏むね肉は切り方をマスターするだけで驚きの柔らかさに!下処理も簡単なので、ぜひチャレンジして、鶏肉本来のおいしさを堪能してください。

【手羽元】

  • 手羽元をチューリップにすることで、見た目も豪華で食べやすくなります。旨みと歯ごたえのある生活クラブの手羽元で、ぜひ試してみてください。

【手羽先】

  • 手羽先は3分割にすると食べやすくなります。コツをつかめば簡単。生活クラブの手羽先はコクと旨みがたっぷり!焼いたり煮たり、いろんな料理で味わってください。