メディア紹介

 メディア紹介一覧へ

2008年02月05日:生協流通新聞

38万筆の反対署名提出─都内で大集会とパレード

「六ヶ所再処理工場」の稼動 

集会で署名の現状などを報告する<br />生活クラブ・加藤会長

2月の本稼動が間近に迫った青森県六ヶ所村の核燃料リサイクル施設。
  全国の生協や市民団体などが呼びかけ団体として参加する「『六ヶ所再処理工場』に反対し放射能汚染を阻止する全国ネットワーク」(加盟・596団体)は1月27日、東京の日比谷野外音楽堂で約2000人が参加し、「署名提出(翌日)に向けた大集会とパレード」を開催した。
  集会では呼びかけ団体を代表して生活クラブ連合会会長の加藤好一氏が挨拶し、今後の課題や署名の状況について説明。また大河原雅子氏、保坂展人氏、川田龍平氏の国会議員3各も応援に駆けつけた。

重茂(おもえ)漁協の大漁旗を先頭に<br />都内をパレード 

  野外ステージでは、署名の主旨に賛同するタレントの吉本多香美さん、ミュージシャンの「サンプラザ中野くん」がライブやトークで応援。岩手県宮古市の重茂漁協や、海岸の清掃活動を続けるサーファー団体「サーフライダー・ファウンデーション・ジャパン(SFJ)」らが取り組みの現状について報告した。
  翌日、東京・霞が関の参議院議員会舘で岩手県内6漁協・SFJと共催で院内集会を開催し、全国ネット37万9469筆、漁協関係39万9524筆など3団体で署名を提出した。パルシステムは現在も署名活動を続けており、2月中に集約した分を提出する予定。