メディア紹介

 メディア紹介一覧へ

2009年08月20日:日本農業新聞

CO2のカウント開始─4団体、削減量を共通HPで報告

フードマイレージ

削減量の表示マーク

 パルシステム・生活クラブ・グリーンコープの各生協と「大地を守る会」が9月1日から展開する「フードマイレージ・キャンペーン」。
  新たに開設する共通のホームページなどを使って、月ごとに4団体で削減できたCO2量を報告。また、会員以外にもフードマイレージを知ってもらうため、親子で遊びながら学べる仕組みも検討。今後は、他の流通団体にも取り組みへの参加を働きかけていく。
  対象商品は4団体で1770品目。外国産を選んだときに比べて削減できたCO2量をカタログに「ポコ」で表示。大豆や小麦など日常的に消費量が多く自給率の低いジャンルに限定し、より国産を意識してもらうことを目的としている。
  4団体の取り組み内容は次のとおり。

  • 大地を守る会(720品目)=機関紙・カタログで案内、カタログへのマーク表示、9月14日から納品書に当週と累計のポコを表示
  • グリーンコープ(600品目)=同
  • 生活クラブ(190品目)=ホームページなどに対象品目とグループ合計のポコを掲載