メディア紹介

 メディア紹介一覧へ

2011年04月20日:生協流通新聞

生活クラブ 個性を"星の軌道"に 生協のロゴデザイン刷新

新デザインのロゴマーク 全国で35万人の組合員が加入する生活クラブ連合会は、4月から生協のロゴとデザインを刷新し、関東・関西・中部の3地区で新ロゴに込めたメッセージを伝えるテレビCMを放映している。
 新ロゴは、生活クラブに関わる1人ひとりの個性を“星”に例え、夜空に同心円を描く星々の軌道でデザイン。
 星の軌道は、これまで生活クラブが創造してきた生産と消費のつながり、人と人のつながりや人と自然のつながりも表現する。
 キャッチコピーは「世界と家庭をごきげんに」で、家族と国際社会の両方が幸せになるため、本当のことを知って社会をポジティブに変えていこうという趣旨。
 今回のデザイン全般には、生活クラブの活動に共感した外部スタッフも多数参加。ロゴデザインは新進のグラフィックデザイナー、ペドロ・イノウエ氏、映像は演出監督の丹下絋希氏、統括をクリエイティブディレクターのマエキタ・ミヤコ氏が率いる「サステナ」が担当した。