ニュース&トピックス

 ニュース&トピックス一覧へ

これだけの牛乳。高い?安い? 生活クラブ連合会発行/自給市場vol.9より

こんなに安いのに、飲まないなんて...もったいない!

しっかり管理!のパスチャライズド牛乳

牛乳は、牛が出す乳を殺菌して容器に詰めただけの飲みもの。何も足さず、何も引かないのが基本。だから、牛が食べるエサや、搾乳してからの管理、殺菌方法が重要なポイントになります。生活クラブのパスチャライズド牛乳は、ここがほかとはちがいます。

しっかり管理!のパスチャライズド牛乳

酪農家を指定

    千葉・栃木・長野の94戸の酪農家限定で、与えるエサの内容や治療などの投薬状況もしっかり把握し、管理しています。

酪農家を指定

  各酪農家から集める乳は抗生物質を使っていないか、菌数に問題はないか、検査し確認してから受入れています。菌数については、生活クラブと提携の酪農団体、牛乳工場で決めた生菌数1mlあたり1万個以下という自主基準に基づいています。

酪農家を指定

  生活クラブのパスチャライズド牛乳を殺菌し、びんに詰めているのは、生活クラブと提携の酪農団体が共同出資してつくった3ヵ所の牛乳工場。ここには、指定の酪農家以外の乳が入ってくることはありません。

税込み1本273円の意味

エサが上がっても牛は毎日食べて乳を出す

エサが上がっても牛は毎日食べて乳を出す

  乳をしぼる牛が食べるエサはおよそ1日20kg。2008年は2006年と比べると最大140%まで配合飼料の価格が上昇しました。でも、価格が上がったからといって牛に与えるエサを減らすわけにはいき ません。その分、まるまる酪農家は経費増になります。生き物が生産する「牛乳」は、生産効率を上げてエサという「原料」価格の上昇分を吸収することはできません。
 

牛乳がお肌にいいワケ

ページの先頭に戻る