ニュース&トピックス

 ニュース&トピックス一覧へ

「六ヶ所再処理工場」について衆議院議員選挙立候補予定者に聞きました。

 生活クラブ生協は、日本消費者連盟や大地を守る会、他の生協などと一緒に、「六ヶ所再処理工場に反対し放射能汚染を阻止する全国ネットワーク」(略称「阻止ネット」)をつくり、青森県の六ヶ所再処理工場に反対し、大気や海水などへの放射能汚染を阻止する活動を行っています。

 このたび衆議院議員選挙立候補予定者の中から、この問題にとくに関係が深いと思われる方々44名に対してアンケートを実施し、8月6日までに22名の方から回答を得、それらを取りまとめました。

 回答の傾向としては、民主党、共産党、社民党に所属する方々は、工場の稼働による「風評被害対策をとること」「農水産物の汚染による人への被ばくの予防措置をとること」「地震対策に万全を期すこと」「稼働を中止すること」それぞれに賛成しています。自民党所属の大半の方々からは、回答を得られませんでした。また木村太郎氏は「日本の安全基準とその技術は世界一のレベルであり、安全は確保されている。原子力エネルギーは最もエコである」との持論を展開しています。

●詳しくは以下をご覧ください。
http://www.nishoren.org/campaigns/campaings-contents/090807rokkasyoQ.htm


ページの先頭に戻る