ニュース&トピックス

 ニュース&トピックス一覧へ

NON-GM飼料の給餌が全提携生産者で再開

東日本大震災により東北管内太平洋沿岸の飼料原料の受入港や、飼料工場に甚大な被害がありました。そのため畜産の提携生産者の一部では、PHF(ポスト・ハーベスト・フリー)・NON-GM(遺伝子組み換えではない)指定配合飼料を給餌できず、生活クラブも緊急措置として不分別(GMO)などの一般飼料を与えることを許容しました。

このたび比内地鶏の生産者を最後に、すべての畜産の提携生産者がNON-GM指定配合飼料の給餌にもどすことができましたのでご報告いたします。 

 

消費材

NON-GMなど指定配合飼料の再開月

牛乳(栃木産)

6月再開

牛肉(栃木産)

6月再開

豚肉(栃木、山形、秋田県の肥育農場)

6月~7月再開

比内地鶏(秋田県)

8月再開

鶏卵(幾見養鶏・静岡県)

5月再開

鶏卵(旭愛農生産組合・千葉県)

5月再開

鶏卵(鹿川グリーンファーム・埼玉県)

5月再開

鶏卵(常盤村養鶏農協・青森県)

7月再開

*上記以外の畜産生産者は震災後もNON-GM指定配合飼料を継続して給餌できました 

ページの先頭に戻る