ニュース&トピックス

 ニュース&トピックス一覧へ

「リフレッシュ企画in長野」に参加した福島の方々からのお礼

(『被災地支援共同事業体』荒井勇生活クラブ連合会現地対策事務局長の報告より)

 生活クラブ京都エル・コープが主催した福島の子どもたちの元気を支援する「リフレッシュ企画in長野」に参加した福島の方々から、お礼状が生活クラブふくしまへ届きました。

  • 『・・心温まる企画をありがとうございました。私たちは3月11日以来、あたりまえのことがあたりまえでない生活となりました。水も食料もガソリンもない経験したことのない日々でした。それに加え“原発”、最もおそれていたことがおこりました。私は福島に生まれ、福島に育ち、福島で家庭をもちました。ちょうど福島原発とともに・・・。何もないといいけど、何もないわけないよなあという不安をいだきながら過ごしてきました。私の実家は一部避難区域となっている川俣町、祖母の実家は全村避難の飯館村、親戚の所在も把握できていない状況です。月日がたつにつれ状況は何もかわっていないのに、放射能で汚染された地であることが忘れられつつあるように感じます。もういいやと忘れようとしている人たちもいるかもしれません。また、大丈夫と思う人たちもいます。日々、人によって温度差がますます大きくなっているようにも思います。・・この震災では、お店は開いていない、何も売っていない、そんな日々が続きました。そんな中でも生活クラブからの荷物は届きました。職員の方々もほんとうに苦労されて届けてくださったことにただただ感謝でした。・・このたび、このような形で私の大好きな長野・伊那の地に行くことができ・・人の温かさをほんとうに感じました。すてきな方々がたくさんいらっしゃることに感激しました。今までただただ必死に毎日を過ごしてきました。伊那の地でほっとして、たくさん涙をながしました。・・皆様からいただいた心温まる気持ちを福島の皆さんに届けていきたいと思います。このたびはほんとうにありがとうございました。』 
  • 『皆様へ 先日はお世話になりました。心からお礼申し上げます。・・震災の日から落ち込んだり悩んだり、迷いやあきらめのマイナスの気持ちで過ごしてきました。そんな中でも学校に送り出し・・ずっと無理をしてきたと思います。子ども達には自分が迷っている事や不安な気持ちは見せたくなくて頑張って笑顔になろうとしました。単純においしい空気を吸って、子ども達が外で思いきり遊べて、などと私もリフレッシュ出来ればそれだけで良いという思いでした。
     今日までの日々を思い出したくない、ほっておいてほしい、話したところで相手は何を思うだろうか?などと、やはり私が思うところはマイナスな事ばかり考えていました。実際にロッジにお世話になりまして、私は変わることができました。京都と長野の皆様はとても温かく離れた土地から応援してくれている、つながっているというお気持ちは私の固くとざした心をほどいて下さりました。思うように言葉に出来ず話せませんでしたが、接して下さるひとつひとつが温かくて嬉しかった・・一緒に過ごす時間がとてもここち良くて今までの思いが涙となってはき出せました。
     素敵な出会いに感謝します。私は福島のたくさんの方の代表として痛みを伝えることが出来ました。
     私は一歩踏み出せました。 ありがとうございました。』

ページの先頭に戻る