ニュース&トピックス

 ニュース&トピックス一覧へ

生活クラブの牛乳キャップやP袋をリサイクルする(株)岩井化成が、3Rの先進事例として受賞

表彰される岩井化成の清水弘代表取締役(左) 生活クラブの牛乳キャップやP袋をリサイクルする(株)岩井化成が今年度の「資源循環技術・システム表彰」で、(財)クリーン・ジャパン・センター会長賞を受賞しました。
 この表彰はクリーン・ジャパン・センターが経済産業省の後援を受けて、廃棄物の発生抑制や再使用、再資源化について優れた事業を表彰するもので、リサイクルや環境保全の表彰制度としてはもっとも長い歴史をもつ表彰のひとつです。
 受賞テーマは「廃ポリエチレンのリサイクル循環システムの構築」。
 岩井化成の代表取締役である清水弘さんは、受賞に際して次のように振り返ります。

表彰に先立って行われた「3R先進事例発表会」では岩井化成の鈴木泰代取締役部長が、生活クラブの牛乳キャップをごみ袋に再生する取組みなどについて発表を行いました。 「この循環システムの構築は、生活クラブの牛乳キャップをごみ袋に再生する取組みがはじまりで、その成果が受賞に結びついたといえるでしょう。回収された牛乳キャップは当初においが残っていたり、カビがはえたものがありました。それを生活クラブは学習会や声かけ、ニュースを通じて、一切なくしました。このような取組みができるのは生活クラブの組合員の方だからだと思います」

ページの先頭に戻る