ニュース&トピックス

 ニュース&トピックス一覧へ

「食品の放射性物質に係る基準値の設定(案)」について厚生労働省に意見を提出しました。

厚生労働省では、2012年1月6日に、「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令の一部を改正する省令及び食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件(食品中の放射性物質に係る基準値の設定)等」について、広く一般からの意見を募集。生活クラブ連合会は、2月1日に以下の意見を提出しました。

 生活クラブが提出した意見の要旨

  1. 内部被曝と外部被曝との総量を考慮した規制とすべきです。
  2. 「一般食品」と一括りにするのではなく、日本人の食文化に合わせて区分すべきです
  3. 一部の食品についての経過措置は、設けるべきではありません。
  4. 国が放射性セシウム以外の核種の調査を徹底し、国民に公開すべきです。
  5. 今回の新基準値を最終のものとせず、継続して見直していくべきです。

 *詳細につきましては、以下よりご覧ください。

ページの先頭に戻る