ニュース&トピックス

 ニュース&トピックス一覧へ

提携生産者に寄り添う生活クラブ岩手

岩手県、宮城県にある生活クラブの提携生産者の復旧・復興支援の最前線に立ち続けるのが、生活クラブ岩手(本部・岩手県水沢市)です。
生活クラブ連合会が発行する月刊紙「生活と自治」3月号では、岩手単協の支援活動の軌跡を追いました。
ホームページではその一部を抜粋して掲載します。

 

  生活クラブ岩手理事長の熊谷由紀子さんは、昨年3月17日に高橋徳治商店(宮城県石巻市)、同18日に重茂漁協(岩手県宮古市)を直接訪ねたことが、この1年間の岩手の活動の原動力になったと振り返る。
 「見慣れた風景が無残に変わり果て、その中に取り残された生産者たちを目の当たりにした時に、心に誓ったのです。私たちは一緒に復興するんだと」
 支援の第1段階では食料品などの応急支援物資の提供が中心となったが、3月末からは高橋徳治商店の本社工場のヘドロ撤去など、事業再開に向けての復旧支援に着手。岩手の組合員、職員などの活動を知ったボランティアが県外からも集まり、延べ500人が約2ヵ月かけてヘドロを取り除いた。支援者の宿泊や食事のサポートを全面的に引き受けたのも岩手の組合員たちである。

ワカメの袋詰め作業にいそしむ岩手の組合員 重茂漁協についても、奇跡的に津波の被害を免れて6月から出荷を始めたワカメの袋詰めを手伝い、岩手が独自に取り組んでいる消費材「重茂パック」(重茂で水揚げされた魚の詰め合わせ)の利用を進めるとともに、絶えず地元と対話を重ねて支援の在り方を模索してきた。
 そして、11月には高橋徳治商店が、12月には丸壽阿部商店が消費材の生産を再開した。熊谷さんは言う。
 「私の中では支援の段階は終わったと考えています。これからは末永い交流と消費材の利用が求められています。これこそが生産者が暮らしを取り戻すことにつながり、地域の復興を進めていく力になると信じています」
 生産者と苦しみを分かち合い、今までにも増して結びつきが深まったと話す熊谷さんは、これからの関係づくりこそが重要と感じている。


「生活と自治」2012年3月号より抜粋。生活クラブ岩手の支援の取り組みについて、詳しくは同紙をお読みください。

生活と自治 定期購読のご案内
生活者のための情報誌『生活と自治』は、組合員以外の方もご購読いただけます。

  • 年間購読料 2,200円(税・送料込)
  • 発行 毎月1日(1回/月)
  • お申し込み
    生活クラブ生協連合会『生活と自治』編集室
    TEL: 03-5285-1831 FAX: 03-5285-1862
    E-mail: jichi@s-club.coop

     

ページの先頭に戻る