ニュース&トピックス

 ニュース&トピックス一覧へ

TPP参加反対の意見広告を掲載しました

生活クラブ連合会が参加する「TPPから日本の食と暮らし・いのちを守るネットワーク」は本日4月20日、朝日、毎日、日経、日本農業新聞の各紙に、野田佳彦内閣総理大臣に対しTPP参加反対の意見広告を掲載しました。全文は以下のとおりです。

謹啓 内閣総理大臣 野田佳彦様

私たちは、TPP交渉参加に大きな不安を持っています。
昨年11月11日。総理は、私たち国民にこう約束されました。
「世界に誇る医療制度」「日本の伝統文化」「美しい農村」は、断固として守り抜くと。
そして、各国が日本に求めるものについての情報をさらに集め、
十分な国民的議論をした上で、国益の視点に立って、結論を得ていくと。
私たちは、総理がこれらの約束を覚えていらっしゃるか、大変疑問に思っております。
総理。お尋ねいたします。

TPPは関税を例外なく撤廃するというルールです。
このような極端な制度の中で、「農村」そして「農業」をどのように守るのでしょうか。
また、政府自身が決めた食料自給率向上目標50%は、本当に達成されるとお考えでしょうか。

TPP参加にあたって、米国から「自動車」「郵政」「保険・共済」「医薬品」「牛肉」
「食の安全」など、すでにいくつか条件が上がっています。
今、どのような議論がされているのでしょうか。

国益の視点からみて、TPPに参加すると、誰にどんなメリットがあり、
誰にどんなデメリットがあるのでしょうか。

私たちは、TPPが及ぼすであろう暮らしへの影響に、切実な疑問と不安を抱いています。
しかし、私たちは、まだ何も知らされていません。
国民的議論が尽くされているとも思えません。
こうような状況で、総理が訪米され、オバマ大統領とお会いになることがとても心配です。

山と、海と、森と、川と、田畑が織りなす日本の美しい風景と、
多様な地域に根ざした食と農林漁業を、そして、世界に誇る医療制度を、
私たちは、次世代につないでいきたいと思っています。
失われるかもしれないのは、働く者の職であり、我が子の健康であり、父と母の平穏です。
だから、私たちは、TPP参加に反対しています。
総理。私たちの声を、聞いてください。
総理は日本の未来を、一番想う人であるはずですから。             
                                  

敬白
平成二十四年四月二十日 
TPPから日本の食と暮らし・いのちを守るネットワーク  

幹事団体:生活クラブ事業連合生活協同組合連合会、大地を守る会、パルシステム生活協同組合連合会、全国農業協同組合中央会、全国農業会議所、全国漁業協同組合連合会、全国森林組合連合会、社団法人中央酪農会議

事務所 〒100-6837 東京都千代田区大手町1-3-1 TEL 03-6665-6250


4月25日(水)には日比谷野外大音楽堂で、「STOP TPP!! 1万人キャンドル集会」が開かれます。詳しくはコチラをご覧ください。

ページの先頭に戻る