ニュース&トピックス

 ニュース&トピックス一覧へ

お菓子に使用している「膨張剤」のアルミフリー対応が完了しました

 2010年10月に東京都健康安全研究センターから「市販のホットケーキミックスなどを調べたところ幼児ではアルミニウムの取りすぎになる場合もある」との報告があり、そのことが報道されて大きな話題となりました。これは、主に膨張剤に使われている「ミョウバン(硫酸アルミニウムと硫酸アルミニウムアンモニウム)」に起因するものです。
 このことを受け、生活クラブでは2011年2月に「ベーキングパウダー」「ホットケーキミックス」を、2012年2月には「むしパンミックス」をアルミフリー化し、以降、順次、可能なものから膨張剤のアルミフリー化を進めてきました。
 この度、膨張剤を使用したお菓子のアルミフリー化が完了しました。

例えば、2014年16週取り組みの、こんな消費材が「膨張剤アルミフリー」です!

ミョウバンは、膨張剤以外に加工助剤・キャリーオーバー(*)の範囲で色止め剤(漬物)や品質安定剤(栗きんとんなどで歯切れ・歯ごたえを良くする)としても使用されています。これらも、アルミ低減化の対象には含まれますが、現時点では代替が困難であることと、最終製品への残存が少ないことから中長期的な課題とします。
また、お菓子ではありませんが、現在「天ぷら粉」のアルミフリー化を目指し、試作をすすめています。

(*)加工助剤・キャリオーバーについてはこちら(農林水産省ホームページ)

 
 

ページの先頭に戻る