ニュース&トピックス

 ニュース&トピックス一覧へ

2月の大雪による被害の大きい生産者への「生産者支援緊急カンパ」生産者レポートその1

2月は8日と14日の2週連続で全国的な大雪に見舞われ、生産者が大きな被害を受けました。生活クラブでは、とりわけ甚大な被害のあった生産者に対し、緊急支援を目的とした「雪害支援カンパ」を組合員に呼びかけています。

今週から、連続4回、被害の大きい生産者の様子をお知らせします。第1回めは、埼玉県にある『(株)生活クラブたまご』です。

約2年かけて原状回復をめざします

 2月15日の早朝5時頃、埼玉県毛呂山町にある坂戸農場の平屋鶏舎7棟のうち4棟が倒壊。鶏糞発酵施設も、屋根の中央部が大きく壊れました。また埼玉県深谷市にある岡部農場でも鶏糞堆肥を乾燥させる施設2棟のうち1棟の屋根が、坂戸農場同様に大きく損壊する被害がありました。
 救出作業は難航し、救出されるまで水やエサを何日も与えることができなかった鶏も多くいました。また救い出した鶏も施設が壊れてしまったために飼い続けることができないものがほとんどで、約4万1千羽の鶏が犠牲になりました。
 当面は残された鶏舎で羽数を増やしてフル稼働させつつ、生活クラブと提携する他の養鶏農家からの支援も受けて乗り切っていきます。鶏舎は、今年11月までに1棟、その後1年かけて2棟、合計3棟を再建し、原状回復をめざす計画です。遺伝子組み換えでないエサを食べて育った価値ある国産鶏を今後も食べ続けていくために、みなさんとともに、この災害を乗り切っていきましょう。

((株)生活クラブたまご代表取締役社長 岡田伸幸さん談)

組合員のかたへ
「生産者支援緊急カンパ」をお願いします

  • 取組期間2014年21週~24週の4週間 
  • 申込方法:個人OCR申込書の注文番号欄に下記5ケタの数字を、数量欄に申込み口数をそれぞれ記入してください。
    1口500円で、何口でも申し込めます。※インターネットでは申し込めません。
  • 注文番号 72516
  • 支払方法:共同購入代金と一緒に引き落とします。集金月は、集金明細表でご確認ください。(「雪害支援カンパ」と記載)。カンパ金は非課税・割戻し対象外(班購入では4%還元対象外)です。
*詳しくは申込みカタログ「ライブリー」21週号と同時に配布するニュースをご覧ください。
*デポーでは取り組み期間、取組み方法が異なります。デポーで配布されるチラシをご覧ください。
*関西の生活クラブは取り組み内容が異なります。配布されるニュースなどでご確認ください。
 
 

ページの先頭に戻る