ニュース&トピックス

 ニュース&トピックス一覧へ

生活クラブの国産ブレンドなたね油 国産なたねの比率が10%に拡大!

精製に化学薬品をまったく使わずに、貴重な国産なたねをブレンドした、生活クラブの国産ブレンドなたね油。この秋より、5%だった国産ブレンド比率を10%に拡大しました。さらに、25円(600g丸缶)~30円(1250g角缶)の値下げも実現しました。

~国産ナタネの自給率は1%以下~

なたねは、麦や大豆の輪作になくてはならない作物です。かつては、童謡の「おぼろ月夜(♪菜の花畑に入日薄れ♪)」に謡われ親しまれてきたように、なたね畑が一面に広がる風景が当たり前でした。しかし、ピーク時には全国で258,600haあった栽培面積が、今では1,770haに減少し、自給率は1%未満までに低下しています。

生活クラブの国産なたねの産地は、現在、JAたきかわ(北海道)とJA横浜町(青森県)を中心に、周辺地域にも、広がっています。
今回、国産なたねのブレンド比率を10%にすることで、年間200トンまで消費を拡大させ、少しでもなたねの国内自給率UPをめざしていきます。

~NON-GMなたねを確保するために~

一般のなたね油は、ほぼ100%輸入に頼っています。しかも主産地のカナダでは遺伝子組み換え(GM)なたねが栽培の9割以上を占めています。遺伝子組み換えなたねを油にしても、流通時の表示義務はないため、知らないうちに口にしてもおかしくない状況です。
生活クラブでは、西オーストラリア産のNON-GMなたねを使用しています。西オーストラリアの生産者と直接会って「遺伝子組み換えなたねを食べたくない!」という意志を伝え続けることにより、NON-GMなたねを作り続ける約束を得ることができています。
≫詳しくはこちら

栄養的にもとってもバランスの良いなたね油についてはこちらから≫

おおぜいで食べて、国産なたねの生産を支えていきましょう!

★おいしい天ぷらの揚げ方を動画で紹介しています!

 
 

ページの先頭に戻る