ニュース&トピックス

 ニュース&トピックス一覧へ

生産への労働参画説明会『夢都里路(ゆとりろ)くらぶフェア』を神奈川と京都で開催します!

生活クラブ運動から生まれた「夢都里路(ゆとりろ)くらぶ」。生活クラブの提携産地で農業などを応援する取組みを行っています。
ジャンルは「援農」「いつでも援農(行く日を自由に設定できる)」「特別企画(農地再生、地域活性化企画)」「中長期農業研修(本気で就農したい人向け)」と多彩です。そして今春から新たに、親子で参加できる「親子農業体験」企画が加わりました。
「春の夢都里路くらぶ説明会」では、それぞれの企画の内容について生産者からの説明を聞くことができます。
短期で農作業を経験したい人、生産者のお手伝いをしたい人から、本気で研修を受けたい人まで、農業に関心をお持ちの方、まず生産者の話を聞きにおいでください!

「夢都里路くらぶフェア2015春」

【内容】

  • 第1部:全体会(産地からの報告、募集企画のご案内など)
  • 第2部:参加生産者ブースでの個別説明
        遊佐町移住・定住相談(神奈川会場のみ)
        新規就農相談会(神奈川会場のみ・HPからの事前予約制)
  • 参加費用:無料

【神奈川会場】

  • 日時:2015年2月28日(土)13時~16時
  • 場所:オルタナティブ生活館 (神奈川県横浜市港北区新横浜2-8-4)
    (JR横浜線、横浜市営地下鉄ブルーライン、新幹線新横浜駅 下車徒歩7分)
  • 申込みはコチラから

【京都会場】

  • 日時:2015年3月7日(土)13時~15時
  • 場所:生活クラブ京都エルコープ西センター3F 京都市南区久世上久世町161
    (JR東海道線桂川駅 下車徒歩2分)
  • 申込みはコチラから


【企画の一例】

  • 酪農体験(JA中春別、北海道)
  • さくらんぼの収穫・箱詰め・パック詰め(JAさくらんぼ東根、山形県)
  •   NEW   キウイフルーツの摘果作業(栃木県開拓農協、栃木県) 
  • はちみつの採蜜援農((株)スリーエイト、長野県)
  • 夏ミカンの収穫と加工品づくり(日本果実工業(株)、山口県)
  •   NEW   スイートコーン・馬鈴薯を親子で収穫(JA新おたる積丹農作部会、北海道)
  • 日本海の砂丘畑を焼酎「耕作くん」で再生(JA庄内みどり遊佐支店、山形県) 
  • 中長期研修(西日本ファーマーズユニオン四国・中国・九州、愛媛県、島根県、福岡県)
    他多数
    *企画一覧は、コチラをご覧ください。

農家の仕事やくらし、作っている人の気持ちを理解できると好評です

これまで参加された方からは、作業をやりとげた達成感が感じられるととともに、農家のくらしや農家とふれあうことのできる企画として、また就農を検討している人からは、農家の仕事を理解、直接話が聞ける機会として「夢都里路くらぶ」の活動はたいへん好評です。参加された方の声の一部をご紹介します。

城県JA加美よつばの
「有機栽培米の種まきとおかき工場見学」に参加(千葉、30代女性)

何より人が良かった。大変素晴らしい方たちと交流させてもらえて、本当に楽しく、勉強になった。加美町の文化の高さ。意識の高さ。驚きました。このような素晴らしい場所に人が集まらないのはおかしい!と思うくらい。─(中略)─自然体でいろいろなことに挑戦されているお姿に、都会の人はきっと癒やされ、パワーをいただけることと思います。

島根県やさか共同農場で、
「加工用トマトの収穫作業」に
参加 (東京、20代女性)

トマトジュース用の加工用トマトを収穫して機械を使ってトマトジュースのもとを作り、包装するまでの一通りの作業をおこなったり、ビニルハウスで育てている小松菜を収穫し、商品にするための袋詰めをする作業などを行いました。自分の手元に商品としてくるまでに様々な手間がかかっていることを知り、驚きました。農場のみなさんが、質問したことに対してきちんと答えてくださったので、ますます有機農業や野菜に興味をもつことができました。とても楽しかったです。

北海道JA中春別の
「酪農体験」に参加(兵庫、50代女性)

子どものころから、牧場の生活にあこがれがありました。良かった点は、なんといっても北海道の雄大な自然が素晴らしかった。でもここで実際に牛を飼い、生活をしていくことはちょっと体験という私たちとは違い、大変です。また交通網の発達によって、色々なところから色々なものが、例えば口蹄疫などの病原菌が入ってきたときには恐ろしいことになるとおっしゃっていたのが印象的でした。また、肉牛(オス)と乳牛(メス)の産み分けを人為的に行っているということを聞き、現地に行かなければ知りえないこともたくさんあるのだなあと思いました。

*そのほかの参加者の声はコチラをご覧ください。

 

 
 

ページの先頭に戻る