ニュース&トピックス

 ニュース&トピックス一覧へ

【組合員のみなさまへ】西日本豪雨災害への被災者救援カンパにご協力を

 

  組合員のみなさまへ 緊急のお願い 

西日本を中心とした記録的豪雨災害への被災者救援カンパにご協力をお願いします。

7月5日から8日にかけて発生した記録的な豪雨により、西日本を中心に九州から東海にかけて、各地で土砂災害や川の氾濫、浸水が相次ぎ、死者224人、安否不明12人(7/22現在)と日毎に被害の甚大さが増しています。被災された皆様には謹んでお見舞い申し上げます。被害の全容はまだ、明らかになっていませんが、約4,700人の方々が避難生活を強いられており(7/17現在)、鉄道や高速道路など寸断された交通インフラは復旧のめどが立っておらず、被災地では猛暑の中、復旧作業が難航しています。

生活クラブ関連では、生産者の西日本ファーマーズユニオンの無茶々園の圃場・施設で被害が出ていることが明らかになっています。引き続き、産地に連絡をとり情報収集につとめています。欠品遅配等の情報につきましては、判明しだいニュース等でお知らせします。

また、さまざまな活動を共にしているグリーンコープ共同体(西日本エリアが拠点)では組合員と生産者の方々が被災されており、支援活動を行なっています。

生活クラブ連合会では、グリーンコープ共同体や東日本大震災の復興支援を現地で担っている「公益財団法人 共生地域創造財団」と連携して被災地の支援を進めていくとともに、組合員のみなさんにカンパを呼びかけることとしました。


▼支援先
被災した生活クラブ提携生産者へのお見舞い、グリーンコープ共同体による組合員・地域への支援活動、共生地域創造財団による愛媛を中心とした支援活動、日本生協連を通じた支援活動など。
●使途の内訳は連合理事会で責任を持って判断し、追って報告します。

▼カンパ申し込み方法と受付期間 

【配送組合員(関西・北海道は除く)】
2018年8月4回から10月2回までの注文書で受け付けます。
8月6~10日の週から10月1~5日の週に提出する注文書(OCR用紙)でお申し込みください。
注文書裏面の6桁番号記入欄に下の6ケタの注文番号を、数量欄に申込口数をそれぞれ記入してください。
1口500円で、何口でも申し込めます。

注文番号 233986 
※インターネット注文「eくらぶ」では申し込めません。
共同購入代金と一緒に引き落とします。集金月は個人引落通知書でご確認ください。
※個人引落通知書には、「西日本豪雨災害カンパ」と記載。
※カンパ金は非課税・利用金額対象外、班配送では4%還元の対象外です。


【配送組合員(関西・北海道の生活クラブ)】
それぞれの生協からのご案内をごらんください。

【デポー組合員(東京・神奈川・千葉)】
デポー店頭でのご案内をごらんください
 

 

西日本豪雨災害への生活クラブ連合会の対応(7月17日時点)

▼提携生産者、無茶々園(愛媛県)への関西6単協の支援状況

関西地方の生活クラブ6単協が協力し、要請物資(水、ポリタンク、シャベル、大人用おむつ、薬、蚊取り線香、カセットコンロ・ガスボンベ、食材等)を調達、7月14日(土)22時にトラック2台で出発。片道400㎞を8時間かけて運び、午前7時に無茶々園職員と合流し、物資を2ヵ所に搬入しました。
 
現地では水道設備が崩壊しており復旧は長期化する見通しです。水道は復旧したが飲用不可など、エリアにより様々な状況が有るようです。無茶々園のみなさんは、保育施設が土砂崩れで流失するなど自らも被災しましたが、地域住民への支援活動をすすめています。気温も高く、畑などの復旧作業をつづけながらも生産者は元気だったとの報告です。
 

▼今後の生活クラブ連合会の対応

緊急支援物資として、飯能デリバリセンターの在庫品(水、食材)を出庫し、関西方面で受け入れ可能な倉庫まで太陽食販が搬送する予定です。
今後の支援体制検討のため、愛媛県・無茶々園を中心とした被災地に視察メンバーを派遣しました(7/19~21)。その現地情報にもとづき、各会員単協に協力を要請します。
 
支援活動の報告は、今後も組合員向けニュースやウェブ記事でお伝えします。

【2018年7月30日掲載】

 
 

ページの先頭に戻る