ニュース&トピックス

 ニュース&トピックス一覧へ

援農や研修企画の説明会『夢都里路(ゆとりろ)くらぶフェア』を新宿で開催します!

生活クラブの生産者から直接、秋冬の農業体験・援農・農業塾・農業研修企画の説明が聞けます

生活クラブ運動から生まれた「夢都里路(ゆとりろ)くらぶ」。生活クラブの提携産地で農業などを応援する援農や、農業塾、農業研修の取り組みを行なっています。これまで延べ1,750人を超える人が産地に行き、生活クラブの生産者と一緒に農作業を行なってきました。食べるだけではわからない経験ができると大変好評です。「援農」だけでなく、まず現場を知ることから農業を応援しようという、「農業体験」の企画も増えました。

「夢都里路くらぶフェア」では、それぞれの企画の内容について生産者から直接話を聞くことができます。

秋に新しい産地―山形県の㈲月山農場が加わります。
 NEW 「赤かぶの収穫」「赤かぶの漬け込み手伝い」企画が新登場。

これまでの産地が新規企画を紹介します。
 NEW 「遊佐町チャレンジファーム事業」山形県
 NEW 「ニラの収穫準備」栃木県開拓農協

会場では、「新規就農相談」や、遊佐町の「移住定住相談コーナー」も同時開催。短期で農作業を経験したい人、生産者のお手伝いをしたい人から、本気で研修を受けたい人まで、農業に関心をお持ちの方、生産者の話を聞きにおいでください!

夢都里路ゆとりろくらぶフェア 2018秋

日時:2018年91(土)13:00~16:00
• 会場:生活クラブ連合会 7階会議室
地下鉄副都心線・大江戸線「東新宿」駅下車徒歩7分
 詳しくはこちら

内容
<第1部:全体会>

産地からの報告「生活クラブとは長い提携ーお正月に欠かせない赤かぶ漬け(仮)」齋藤三郎さん(㈲月山農場)(予定)

<第2部:生産者ブースでの個別説明>
遊佐町移住・定住相談
新規就農相談(誰でも相談できます)
• 参加費用:無料
試食もあります
• 参加予定生産者

JA加美よつば(宮城県)、JA庄内みどり遊佐支店(山形県)、栃木県開拓農協(栃木県)、㈲沃土会、(NPO)あした有機農園(茨城県)、(農)さんぶ野菜ネットワーク(千葉県)、西日本ファーマーズユニオン、日本果実工業㈱(山口県)、(農)ながさき南部生産組合(長崎県)、生産者グループきばる(熊本県)、山形県遊佐町

参加申し込みはこちら>

今回、企画のジャンルを変更しました。参加したことが何につながるかがわかりやすくなりました。

 農業体験企画  まずは体験から。現場を知って農業を応援しよう※一例
• 悠久の歴史ある里山で柿の収穫作業/王隠堂農園(奈良県)
• 小ネギのハウス栽培/(農)ながさき南部生産組合(長崎県)
 援農企画  農作業を手伝って各地の農業を応援!第1次産業の持続に貢献!※一例
• 秋冬白菜の収穫作業/JA加美よつば(宮城県)
• 赤とうがらしの収穫/JA庄内みどり遊佐支店(山形県) 
• きばる甘夏をちぎりまくろう/生産者グループきばる(熊本県) 
 援農で自給力アップ企画  加工品の原料確保ー自給力アップに貢献!※一例
• 国産唐辛子「鷹の爪」の大収穫/やさか共同農場(島根県) 
• みかん缶詰 みかんの収穫と皮剥き/日本果実工業㈱(山口県)
 産地まるごと応援企画  地域や文化に触れることで産地を応援します!
• お正月の定番「 しめ飾りつくり」/JA加美よつば(宮城県)
 週末農業塾  農業を学ぶ講座
 中・長期農業研修  本気で農業をやりたい人向けの研修

他多数
*企画一覧は、こちらをご覧ください。

夢都里路くらぶの企画に参加した方からは、農家の仕事やくらし、作っている人の気持ちが理解できる、就農に向けての参考になると好評です

これまで参加された方からは、地域のくらしや農家とふれあいながら、一緒に作業を行うことで、いつもの野菜を見る目が変化した、という感想や、面識のない人同士も、目的を持って活動すると仲間になる体験が出来た、素晴らしい機会なので、もっと多くの人にも参加してもらいたい、という感激の声が寄せられます。また就農を検討している人からは、色々な産地に行き、直接話が聞ける機会として「夢都里路くらぶ」の企画はたいへん好評です。参加された方の声はこちらをご覧ください。 

夢都里路くらぶフェアでは、たくさんの生産者に会えます!

「どんな会か、初めてで想像がつきませんでしたけれど、暖かく、自然な雰囲気で来てみて良かったです。参加者の方たち、みなさんとても積極的でエネルギッシュですね。楽しい会だなあ、と思いました。」(これまでの夢都里路くらぶフェアに参加された方の声)
*夢都里路くらぶフェア2016春の様子は、こちらをご覧ください。

 


企画に参加された東海萌さんがイラストを描いて下さいました。作業の様子がよくわかります。
「お正月の定番しめ飾りつくり」のイラストはこちらから

参加申し込みはこちら>

 

 

【2018年8月1日掲載】

 
 

ページの先頭に戻る