ニュース&トピックス

 ニュース&トピックス一覧へ

『生活と自治』ウェブ版 2018年9月号 更新しました

◆今号の特集 再生可能エネルギーは「主力電源」になるのか エネルギー政策のゆくえ

東京電力福島第一原発事故から7年、閣議決定された「エネルギー基本計画」は、「再生可能エネルギーの主力電源化」を方針と掲げるが、原発は依然として「重要なベースロード(基幹)電源」と位置付けられたままだ。日本のエネルギー政策はどこに向かうのか。

●推進派も脱原発派も不満残す「エネルギー基本計画」
安倍晋三内閣が今年7月、第5次となる新たな「エネルギー基本計画」を閣議決定した。ただし国のエネルギー政策がどこに向かっているのかはっきりせず、原発推進派も脱原発派も不満を残す。

●再生可能エネルギー普及のために―公正な電力システム整備を
第5次エネルギー基本計画で「再生可能エネルギーの主力電源化を進める」とされたものの、その普及に向けての具体的政策はない。逆に普及の大きな障壁となっているのが再生可能エネルギーの送電網への接続だ。どう解決していけばよいのか。

●聞いてみました!
認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所長・飯田哲也さん
必ず来るエネルギー大転換、関心を持って行動を
激変する世界のエネルギー政策にあって、日本はどのような方向をめざしたらいいのか。私たちには何ができるのか。市民主導のエネルギー事業をサポートする、環境エネルギー政策研究所(ISEP)の飯田哲也所長に話を聞いた。

新潮流 にんげん模様
農業を守って再生可能エネルギー事業推進 「宝塚すみれ発電」兵庫県宝塚市

どう思う?どうしてる?
原発はやめられるか

調べてみました! 生活Q&A
再生可能エネルギーは不安定?

生活クラブ夢の素描
「エネルギーの自治」をめざして 生活クラブの発電所づくり

これに賭ける
食料自給率2000%の町の新たな挑戦 エネルギー自給のまちづくりへ 上士幌町農協 豆類・大豆ドライパック缶

時のかたち
「青森県大間町「あさこはうす」 引き継がれる思い――大間の海と暮らしを守るために

インタビュー

Myオピニオン 中川李枝子さん 一児童文学作家②子どもって見れば見るほどおもしろい

グラビア

にびいろの景 「英雄」「きもかわいい」が吹き飛ばす……(愛知県 犬山市)

琉球の人々 島の自然に寄り添う布作り 石垣昭子さん

新連載

●表紙 産地百景
生活クラブ設立50周年、何を残しどうつながってきたのか。産地の顔、風景を紹介します。

●「ガマン」しない省エネ講座
エネルギーを節約する暮らし方=「省エネ」を、快適に楽しく実践する技術や方法を紹介します。

●地域の出番! 暮らしの中の子どもたち
ノンフィクション作家、元沖縄大学学長の野本三吉さんによるエッセイ。親や学校だけに任せるのは厳しい時代に、子どもをはぐくむ地域の役割、日常を綴ります。

●特命! 子ども回答団
日々忙しく、しがらみもある大人社会には悩みも多い。読者の日々の悩みに子どもの視点で応えます。悩みや意見も募集中。

そのほか連載記事

●連載 生活と自治・全国キャラバン「まちと暮らしカフェ」
第9回 国のために死ぬのはすばらしい? ダニー・ネフセタイさん(家具作家)を囲んで――埼玉県秩父郡

●生活クラブの挑戦 手作りの地域福祉を目指して
それぞれが描く福祉の実現を 生活クラブ福祉事業基金

●調べてみました! 生活Q&A

 ●おいしく楽しく食養生
「気虚(ききょ)」(気が不足して元気がない)タイプの食養生 

連載エッセイ

枝元なほみ  エダモンとティータイム
アズマカナコ 子育てエコライフ
辺見庸    新反時代のパンセ
秋山豊寛   三重の深山から
墨 威宏   数字を読む
田口ランディ 暮らしの味わい
森達也    停止しない思考
藤原新也   日々の一滴

★目次にリンクのついている記事は、ウェブでお読みいただけます。

★『生活と自治』は毎月1回1日発行です。生活クラブ組合員の購読者には配達便またはデポー(店舗)店頭でお届けします。

★生活クラブ組合員でない方もご購読いただけます。購読申し込みはこちらのページへ。

★紙面紹介 バックナンバーの紹介はこちら 2017年 2018年

【2018年9月18日更新】

 
 

ページの先頭に戻る