プレスリリース

 プレスリリース一覧へ

都内初!GMO(遺伝子組み換え作物)フリーゾーン宣言-- 東京で初めてGMOフリーゾーンが誕生します!

東京で初めてGMOフリーゾーンが誕生します

GMOフリーゾーンとは、遺伝子組み換え作物が栽培されていない地域のこと。いま欧州では、この地域を拡大する活動が盛んでEU加盟各国で遺伝子組み換え作物の栽培ができない地域が増えています。ギリシャは世界ではじめて全土がGMOフリーゾーン地域になり、イタリア、オーストリアでも全土の8~9割でGMOフリー宣言が行なわれています。

GMOフリーゾーン看板

日本では、これまでに滋賀県、山形県、栃木県などで農業生産者によるGMOフリーゾーン宣言が行なわれてきましたが、今回、東京都内でははじめてのGMOフリーゾーンの誕生です。

宣言するのは、農(みのり)安心ネットワーク。生活クラブ生協との提携をきっかけにお互いの農法などの情報共有やヨコのつながりを目的に3年前に結成された、東京近郊の都市農業生産者の集まりです。今回、メンバー65人が一斉に東京近郊の67箇所の畑に、GMOフリーゾーン宣言が掲示された、生活クラブ生協との提携看板を設置します。

今回の宣言を地域に広くアピールしていこうと、町田市の農業生産者の畑で記念セレモニーを行ないます。看板除幕式、生産者、地域市民、消費者からのアピールなどを予定しています。

日 時: 2005年8月5日(土)15:00~16:00
場 所: 田中仁司氏(町田地場生産組合)の圃場
町田市上小山田町1652-4(雨除けハウス前、小山田バス停のすぐ近く)、小田急線町田駅またはJR横浜線淵野辺駅より小山田行きバスにて終点「小山田」下車すぐ
プログラム: 看板除幕式、生産者の決意表明、組合員・市民からのエール、など
お問い合わせ、取材のお申し込みは、下記まで。

生活クラブ生協・東京 情報企画課
TEL:03-5490-8318 FAX:03-5490-8312
 

ページの先頭に戻る