プレスリリース

 プレスリリース一覧へ

神奈川でGMOフリーゾーンが続々と誕生中

12/17川崎でGMO(遺伝子組み換え作物)フリーゾーン宣言 看板除幕式

NON-GMO

GMOフリーゾーンとは、遺伝子組み換え作物が栽培されない地域のこと。いま欧州では、この地域を拡大する活動が盛んでEU加盟各国で遺伝子組み換え作物の栽培ができない地域が増えています。ギリシャは世界ではじめて全土がGMOフリーゾーン地域になり、イタリア、オーストリアでも全土の8~9割でGMOフリー宣言が行なわれています。

日本では、これまでに滋賀県、山形県、栃木県、東京都などで農業生産者によるGMOフリーゾーン宣言が行なれてきましたが、今秋より神奈川県内でも、続々とフリーゾーン宣言をする農業生産者が生まれています。

向丘農産物流通組合は、循環型農業を推進する川崎市北部の都市農業生産者の集まりで、生活クラブ生協と提携しています。今回、メンバー11人の意思が一致して川崎市内の畑に、GMOフリーゾーン宣言を示す看板を設置します。

神奈川県下には生活クラブ生協と提携する「地場生産者」が5グループあり、85名のメンバーがいます。既に10月には「横浜生産者グループ」の中の鴨居東本郷のメンバー(7名)が、フリーゾーンを宣言し、大型看板をJR横浜線の線路沿いの畑に掲げてアピールしています。今後も小田原市(12ヶ所)、藤沢市(1ヶ所)、鎌倉市(2ヶ所)などで、提携生産者によるフリーゾーン宣言と看板の設置が予定されています。さらに賛同を広げ、神奈川県下にGMOフリーゾーンのエリアを拡大していく予定です。

これらの看板は、生活クラブ生協の組合員のカンパを中心に設置されています。現在、神奈川では生活クラブ生活協同組合の組合員と生産者を中心に、市民として、生産者として『遺伝子組み換え作物を作らない、作らせない』、そして消費者として『食べない、買わない』活動を展開しています。

川崎で初のGMOフリーゾーン宣言&提携看板設置セレモニー開催

川崎初のGMOフリーゾーン宣言を地域に広くアピールするために、記念セレモニーを現地の畑で行ないます。除幕式のほか、生産者、地域市民、消費者からのアピールなどを行なう予定です

  • 日時:2005年12月17日(土)11:00~11:30
  • 会場:山田悠二さん(向丘農産物流通組合)の圃場(川崎市宮前区平3丁目521、平バス停のすぐ近く)JR南武線武蔵溝の口駅より、柿生行きバスにて「平」下車すぐ。
  • プログラム:看板除幕式、生産者の決意表明、組合員・市民からのエール、など

お問い合わせ、取材お申し込みは、下記まで。

生活クラブ生協・神奈川
TEL:045-474-0985FAX:045-472-0999
 

ページの先頭に戻る