プレスリリース

 プレスリリース一覧へ

知っていますか?「自生GMなたね」の汚染。全国に先駆けて千葉県内の汚染状況を発表!

輸入したGMセイヨウナタネの種子がこぼれ落ちて自生し始めています。GM花粉が風・虫を介して広い範囲で、在来のアブラナ科の植物と交雑の可能性も。汚染状況把握のため、昨年に続き全国で市民団体が実態調査をしていますが、千葉県での汚染状況がまとまりましたので発表します。

知っていますか?「自生GMなたね」の汚染。
全国に先駆けて、千葉県内の汚染状況を発表!

調査は千葉県内の約300箇所を実施、その結果5検体から陽性反応が検出されました。このうち、1検体は2種類の除草剤耐性(ラウンドアップ耐性・バスタ耐性)に対して陽性で、国内では初めての事例となりました。これらの結果を踏まえ、下記の要領で報告集会を開催いたします。

●千葉県・自生GMナタネ調査監視活動報告集会
千葉県内約300ヶ所で生活クラブ組合員と生産者が実施。

日時: 2006年6月22日(木)10:00~12:00
会場: 船橋きららホール(JR「船橋駅」南口フェイスビル6階)

【プログラム】

生活クラブ生協千葉 各地域の活動報告
講演: 天笠啓祐氏(遺伝子組み換えいらないキャンペーン代表)
お問い合わせ、取材お申し込みは、下記まで。
生活クラブ生協・千葉 担当:谷
TEL:043-278-7172 FAX:043-279-7490

●全国GMなたね汚染マップ、調査結果は7/8に発表

GMナタネ全国 自生調査報告集会

日時: 7月8日(土)13:00~16:40
会場: 目黒区中小企業センター(JR「目黒」徒歩12分)

【プログラム】

講演: ロシアの科学者イリーナ・エルマコヴァさん
「GM大豆を食べたラットの子に重大な影響が」
全国GMナタネ自生調査報告
お問い合わせ、取材お申し込みは、下記まで。
「遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン」
TEL:03-5155-4756

ページの先頭に戻る