プレスリリース

 プレスリリース一覧へ

生活クラブ連合会 FOOD ACTION NIPPON アワード2010 入賞

生活クラブ連合会 FOOD ACTION NIPPON アワード2010 入賞

 FOOD ACTION NIPPONとは、日本の食料自給率を上げるための農林水産省による取り組みです。このアワードは、食料自給率向上に寄与する取り組みを広く募集し、優れた取り組みを表彰することにより、自給率向上に向けた活動を広く社会に浸透させ、安心しておいしく食べていける社会の実現を目指すものです。アワード2010には、前回(アワード2009)の2倍以上の2,500余件の応募がありました。
  2011年2月1日に、審査結果が発表されましたが、生活クラブ生協連合会は、前回に引き続き、製造・流通・システム部門で入賞いたしました。受賞理由は、国産消費材の供給により145億kcalの自給を高めたことです。
●FOOD ACTION NIPPON についてはコチラをご覧ください。

組合員35万人に国産にこだわった消費材を供給し、
145億キロカロリーの自給を高めた

自給率

 

 生活クラブの消費材は、可能な限り国産原料(飼料も含めて)を使用し、自給率の向上を目指していま す。2009年(07年度供給分)から、農林水産省の「クッキング自給率」などを使い、生活クラブ組合員に供給した食品を国産原料と海外原料に分けて、その総カロリーを試算しています。
  昨年の試算では(2007年度供給分)では、生活クラブ自給率は54.4%でした。国内平均と比べると生活クラブは自給率で12ポイント、総カロリーでは108億kcalアップしていました。
  今年(08年度供給分)の試算では、昨年の1167品目より対象を拡大し、1992品目を対象にしました。昨年は、クリスマス正月用品や青果物を除きましたが、今年は、包材にカロリー表示のある品目、及び一次産品でカロリー表示が明らかな品目を加え計算しました。
  試算の結果、1992品目の年間取組み実績の総カロリーは1034億kcalで、これらの品目の国産原料分を計算したところ610億kcaになり、生活クラブ自給率は59%になりました。昨年の試算より4.6%ポイントアップしました。一方、上記の1992品目で国内平均自給率を計算すると45%でした。生活クラブ自給率は、国内平均自給率より14ポイントもアップしたことになります。また、総カロリーでは、消費材の供給によって約145億kcalの自給を高めたことになります。

【生活クラブの取組み】

こめ育ち豚

  • 生活クラブでは、消費材(商品)を国産原料にこだわり独自開発しています。
    国産小麦、国産大豆、国産なたねを使用していることで、高い原料自給率を達成しています。
  • エサについては、飼料米、ホールクロップサイレージ(稲発酵粗飼料)の取組みをしています。特に「飼料用米」の取組は、2004より山形県遊佐町、JA庄内みどり、平田牧場、山形大学、生活クラブが連携し、飼料用米プロジェクトをスタートさせ、国内の飼料用米の普及について先進的な役割を果たしてきました。
  • 飼料用米の給餌は、肉の美味しさを向上させています。
    飼料用米は、豚だけでなく、鶏卵の鶏、鶏肉の鶏にも給餌し、さらに拡大していますが、食味の向上に寄 与しています。昔、「落穂をついばんだ鳥の肉は美味しい」といわれたようですが、これらのエピソードを思 い起こさせ、食の原点を想起させます。

 こうした取り組みは、生産者と供に進めているので、そうした開発・生産について、食料自給の大切さにつ いて、消費材カタログ、パンフレット、ホームページなど、さまざまな媒体で情報提供し、利用を高めています。

ページの先頭に戻る