プレスリリース

 プレスリリース一覧へ

「十万馬力新宿サイダー」リユースびんに入って新発売、びん再使用ネットワークが開発サポート

 
 

 スキッと爽やか!すだち味の十万馬力新宿サイダーが、くり返し使えるリユースびんに入って誕生。エコで美味しい、他では味わえない新宿区限定品。開発したのは新宿区商店会連合会。環境省の「びんリユース実証事業」に採択され商品化を進めてきましたが、本日、1月13日より新宿区内の約100店舗の商店で販売。内容量は220ml。販売価格は150円(税込)、うち50円相当はびんの預り金で、中身価格は100円。徳島産のすだち果汁2%を使用した、ちょっと贅沢なスキッと爽やかなサイダー。

「アトム通貨」で、空きびん返却を呼びかけ

アトム通貨 十万馬力新宿サイダーのびんは、くり返し使うことで、ごみとCO2を削減するリユースびん。空きびん返却で50馬力のアトム通貨がもらえます。アトム通貨は、環境保全活動など何か良いことをするともらえる地域通貨で、加盟店で使えます。
昔のように、空きびんを販売店に返却して預り金を返してもらう習慣がなくなってしまった今、人間を守るために活躍した鉄腕アトムに、くり返し使うリユースびんの良さを呼びかけてもらおうという意図。

 

びん再使用ネットワークが開発を後押し

 十万馬力新宿サイダーの開発は、平成23年度環境省「びんリユースシステム構築に向けた実証事業」で採択された4つの事業のうちの一つ。リユースびんを使用している生活クラブ、パルシステムなど5つの生協団体で構成する「びん再使用ネットワーク」がリユースびんの普及活動として環境省からの助成を受け、新宿区商店会連合会のサイダー開発を後押ししました。アトム通貨は、もともと新宿区商店会連合会で取り組んでいるもので、びんネットが開発を進めてきたスタイリッシュな新しいリユースびんとアトム通貨がコラボして十万馬力新宿サイダーが誕生しました。地域商店会が新たにリユース商品を開発し、環境保全と地域の活性化をめざす一石二鳥の取り組みです。

ページの先頭に戻る