プレスリリース

 プレスリリース一覧へ

シンポジウム「どうなる・どうする食品表示」を開催(1月31日)

 
 

 消費者庁が新食品表示法の立案作業をすすめているなか、現行の食品表示制度はどこに問題があるのかをテーマに 開催します。特に、先送りが続いている加工食品の原料原産地表示については、どうすれば、原料原産地の表示義務対象を拡大できるのか、消費者団体から提言 がなされます。

●日時:平成25年1月31日(木)12:00~14:00(開場11:30)
●会場:衆議院第一議員会館多目的ホール
●主催:食品表示を考える市民ネットワーク
●共催:全国農業協同組合連合会
 

「食品表示を考える市民ネットワーク」と全国農業協同組合連合会(JA全農)の共催で、新食品表示法に関するシンポジウム「どうなる・どうする食品表示」 を開催します。本シンポジウムは、消費者庁が新食品表示法の立案作業をすすめているなか、現行の食品表示制度はどこに問題があるのかをテーマに開催するも のです。特に、先送りが続いている加工食品の原料原産地表示については、どうすれば、原料原産地の表示義務対象を拡大できるのか、消費者団体から提言がな されます。

  • 日時:平成25年1月31日(木)12:00~14:00(開場11:30)
  • 会場:衆議院第一議員会館多目的ホール
  • 主催:食品表示を考える市民ネットワーク
  • 共催:全国農業協同組合連合会
  • 参加費:無料

<内容>
12:00 開会挨拶 神出元一さん (全国農業協同組合連合会 代表理事専務)
消費者庁長官あいさつ(依頼中)
議員あいさつ
12:05 基調講演
 「表示の意味の再検討-消費者調査・海外制度との比較から-」
   講師:新山陽子さん(京都大学大学院農学研究科教授) 
12:45 食品表示ネット提言発表  佐野真理子さん(主婦連合会事務局長) 
13:05 日本弁護士連合会意見書発表
  石川直基さん(日弁連消費者問題対策委員会副委員長) 
13:20 事業者報告 野本孝典さん(美勢商事㈱専務取締役) 
13:30 質疑
13:45 各党国会議員意見表明  
13:55 閉会挨拶  神山美智子さん(食の安全・監視市民委員会代表)

*案内チラシのダウンロードはコチラから            

<お問合せ>

生活クラブ連合会 企画部 前田・渡辺 直通03-5285-1898

 
 

ページの先頭に戻る