プレスリリース

 プレスリリース一覧へ

【生活クラブ生協・東京】高齢者も安心して暮らせる地域をめざし、自治体と連携した「見守り活動」を展開!

生活クラブ生活協同組合・東京は、食品や生活雑貨などの宅配事業のほか、子育て・高齢者支援などの地域福祉事業を推進しています。そのひとつとして、共同購入の配送システムをいかした見守り活動を、自治体と提携しながら展開していきます。9月10日現在、東京都内16の自治体と協定の締結や事業者登録を行なっています。

配達を通し、広い視点で見守ります
年をとっても、障がいがあっても、住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、生活クラブ生協・東京では、ケアセンターや子育て施設などの福祉事業の推進や、地域の中でのたすけあいを促すコミュニティづくりなどを行なってきました。
 見守り活動では、定期的に地域を循環し、週に1度対面で共同購入品を届ける「生協の配達」を強みに、組合員や地域の異変にいち早く気づき、適切な公的機関につなぐことで不慮の事故を未然に防ぎます。

内部学習を通し、認知症の方に寄り添います
東京都内にある13の配送センター全てで、配送を行なうメンバーが「認知症サポーター養成講座」を受講します。この講座を通し、認知症の方の行動や言動への理解を深め、高齢の方の気持ちに寄り添い適切な対処のできる見守り活動をすすめていきます。

多くの自治体と連携しながらすすめます
現在、以下の16の自治体と協定締結や事業者登録をしています。今後も、より多くの自治体と連携し、展開していきます。

 【生活クラブ生協・東京と見守り協定を結んでいる自治体】
 品川区、港区、目黒区、大田区、杉並区、練馬区、北区、新宿区、足立区、立川市、国分寺市、国立市、東村山市、青梅市、日野市、町田市の各自治体(順不同)

≪お問合せ先≫
生活クラブ生活協同組合・東京  たすけあいネットワーク事業部
 事業開発課 担当:中村  TEL: 03-5426-5207

(2015年9月10日掲載)

 
 

ページの先頭に戻る