プレスリリース

 プレスリリース一覧へ

日本と韓国を食で結ぶ「味の文化交流」 生活クラブ生協連合会が韓国・ドゥレ生協連合会の人気食材3点を共同購入

生活クラブ生協連合会は、食を通じた「味の文化交流」として、韓国・ドゥレ生協連合会の人気品目3点を共同購入します(4月配達分)。今回、組合員にお届けする「参鶏湯」(サムゲタン=鶏のスープ料理)、「コムタン」(牛骨スープ料理)、「味付韓国海苔」は、いずれも原料の国内自給を追求し不要な食品添加物を使わないなど、生活クラブと共通する考え方で作られた、韓国の食文化を味わえる3品目です。
 


協同組合間の「味の文化交流」で共感と連帯感を育みます

日本と韓国は隣国として千数百年もの古い付き合いですが、現在日韓両政府の関係は良好とは言えません。そして残念なことにその関係が両国の市民感情にも影響しています。

生活クラブ生協連合会は、こんな時代だからこそ、日々の暮らしの中で食を通じて市民同士の共感と連帯感を広げていきたいと考えます。そこで、生活クラブと長年交流のある韓国・ドゥレ生協連合会と、食を通じた「味の文化交流」を行ないます。

国際交流に足を運んで参加できる組合員は限られますが、「味の文化交流」なら、一人ひとりの組合員が食べることで参加できます。生活クラブ生協は、食を通じて海を越えた隣国との交流をさらに深め、共感と連帯感を育むことをめざします。
 

結成20周年を迎える韓国・ドゥレ生協連合会

ドゥレ生協連合会は1997年、7つの生協が連合会を結成して生まれました。組合員数は約14万2千人。ソウル市、京畿道、江原道など首都圏を中心に28の会員生協が集い、活動しています(2013年現在)。「ドゥレ」とは、「結」(ゆい=共同・協同)を意味する韓国の固有の言葉です。人と自然が共生できる地域循環農業とエコロジカルな生活を志向し、組合員と生活者との協同で、安全性の高い材を共同購入しています。また、韓国産農産物の利用を通じた有機農業の発展をめざし、生活の中で協同する文化を育んできました。

生活クラブの「消費材」の考え方と共通するドゥレ生協連合会の「生活材」

生活クラブ生協では、取り扱う食品や生活用品を、利益を得ることだけが目的の「商品」ではないという意味をこめて「消費材」と呼んでいます。ドゥレ生協連合会も同じ意味をこめて「生活材」と呼んでいます。「生活材」の考え方は、生活クラブの「消費材」と多くの部分で共通しています。

ドゥレ生協連合会の「生活材」取扱い原則

  • ●生協の生活材は安全で良質であり、適正価格でなければならない。
  • ●国内農畜産業を保護し食料自給率を高める。
  • ●産地直接取引にもとづく環境農産物有機農産物の普及に努める。
  • ●国内水産資源の保全と国内水産物の普及に努める。
  • ●加工品、工業製品は、環境にやさしい材の開発、普及に努める。
  • ●フェアトレードは、「公正な貿易」を目標にたすけあいと持続可能な生産を原則とする。
  • ●容器包装は、生活材の安全性を優先して、環境負荷を最小限に抑える。
  • ●扱う生活材は、日常に必要な基礎生活材と、多くの消費者が使用している大衆的な生活材を中心とする。
  • ●生活材の価格は、生産者と組合員が相互に納得できる価格を協議して決定し、これにより生産者と組合員の経済的生活を保護する。
  • ●組合員の参加で新しい生活材の開発、改善、および利用結集を行なう。
  • ●情報を透明にする。

 生活クラブがこの4月、組合員にお届けする新たな品目の概要は以下の通り。

サムゲタン(参鶏湯) 900g 1,950円(税込2,106円) 提携先:㈱第一物産
 高麗人参ともち米、干しナツメ、栗、ニンニクなどの薬膳食材を鶏に詰めて煮込みました。鶏肉は骨からホロホロと離れるほどの柔らかさ。滋養たっぷりのスープ料理です。

コムタン 600g 780円(税込842円)  提携先:㈱第一物産
 韓国産牛の脚の骨を使って12時間以上煮込んだものです。日本では入手が難しい牛骨スープです。深い味わいなのにあっさりとした仕上がりが特徴です。

味付韓国のり 8切8枚×6パック(全型6枚分) 350円(税込378円) 提携先:㈱第一物産
 韓国産いわのりに遺伝子組み換えでないなたね油と韓国産のごま油、焼き塩で味付けしました。サクサクの食感と豊かなごま油の香り。ご飯との相性が抜群です。

※上記3品目は、配送ご利用の組合員は4月に2回の注文機会があります(生活クラブ北海道を除く)。また生活クラブ生協の店舗(デポー)でも取り扱いがあります(東京都内9店舗・神奈川県内22店舗・千葉県内8店舗)。

各地の生活クラブ生協とドゥレ生協連合会との交流の歴史
・1988年~生活クラブ千葉と京畿南部ドゥレ生協(京畿道仁川市)
・1997年~生活クラブ東京と住民生協(京畿道城南市)
・2009年~生活クラブ神奈川とバルンドゥレ生協(京畿道水原市・安養市)
・2009年~生活クラブ長野と春川生協(江原道春川市)
・2013年 生活クラブふくしまの組合員家族と子どもたちが韓国でリフレッシュツアー(一時避難旅行)

韓国リフレッシュツアーに訪れた生活クラブふくしまの組合員家族とドゥレ生協の組合員・スタッフのみなさん

(2016年4月4日掲載)

 
 

ページの先頭に戻る