プレスリリース

 プレスリリース一覧へ

都内で10店舗目となる生活クラブのお店が杉並区内にオープン!「デポーすぎなみ永福」12月8日から営業開始【生活クラブ生協・東京】

 

多様な働き方を応援するコワーキングスペースも併設予定

生活クラブ生活協同組合・東京(本部:東京都世田谷区、組合員数:約8万6,000人)は、東京都内で10店舗目となる生活クラブのお店「デポー」を杉並区内にオープンします。京王井の頭線永福町駅近くに開店する「デポーすぎなみ永福」では、2018年12月8日にオープニングイベントを開催いたします。
 

外観イメージ

「デポー」は生活クラブの消費材(※)を、その場で手にとって購入できる生活クラブ組合員のお店です。無添加・減農薬、遺伝子組み換え作物由来の原料を使わないなど、独自の厳しい基準を満たした2,000種以上にのぼる生活クラブのオリジナル品を取扱います。さらに、組合員も含めた地域のみなさまのコミュニケーションの場としての役割も兼ねたお店をめざします。「デポーすぎなみ永福」は、新たに誕生する生活クラブの複合施設「生活クラブ館杉並」の1Fに入ります。

また、デポーの運営も独自のスタイルを採用。新たに結成される「ワーカーズ・コレクティブ」が店舗運営を受託します。「ワーカーズ・コレクティブ」は、メンバーの一人ひとりが出資者・経営者・労働者として事業を担います。メンバーはもちろん生活クラブの組合員が中心。地域での生活クラブの共同購入運動が生み出した成果をもとに、地域で働く場も自ら作り出し運営することを趣旨とします。

「デポーすぎなみ永福」は、東京都内で10店舗目となるデポーです。他のデポーと同じく、地域の組合員が主体となり、丸2年の討議と活動を重ねてオープンすることとなりました。
 

内観イメージ


「生活クラブ館杉並」の1階がデポーの店舗です。生活クラブの消費材をその場で選んで購入できます。2階は働く女性や多様な働き方を応援する「コワーキングスペース永福」として2019年1月のオープンを予定しています。3階は、地域のまちづくりの拠点となる組合員活動室を併設します。お店やコワーキングスペース、組合員活動室など複数の機能をもつことで、地域の中の多様な人たちが集まる場所となり、まちづくりの拠点になることをめざしています。

※一般に「商品」と呼ばれる食品や生活用品について、生活クラブでは、売買して利益を得ることよりも消費生活に必要な「材料」としての質を第一の目的に作られている、という意味をこめて「消費材(しょうひざい)」と呼んでいます。


【概要】
名称:デポーすぎなみ永福
所在地:東京都杉並区和泉3-7-1 生活クラブ館杉並 1階
京王井の頭線「永福町」駅より徒歩3分
開店日:2018年12月8日(土)10:30~
店内構成 1階:店舗・イートインスペース
2階:コワーキングスペース
3階:組合員集会室 ほか


★「デポー」は組合員のお店です。生活クラブ生協(東京)の組合員でない方は、ご利用にあたって生協にご加入いただきます。ただいま「デポーすぎなみ永福」新規ご加入キャペーン開催中! 
詳しくはこちらをごらんください。
 

★都内には他に9店舗、また生活クラブ神奈川、生活クラブ千葉でも各地にデポーがあります。
詳しくはこちらをごらんください。

【2018年11月19日掲載】


 

ページの先頭に戻る