プレスリリース

 プレスリリース一覧へ

「それでも再稼働?新潟の原発~柏崎刈羽原発再稼働を止めようフォーラム」を開催【生活クラブ生協・東京】

2017年12月に国の原子力規制委員会は、柏崎刈羽原発6,7号機に対して安全対策の基本方針を許可しました。
このことを受け、生活クラブ東京では「それでも再稼働?新潟の原発~柏崎刈羽原発再稼働を止めようフォーラム」を開催、基調講演環境エネルギー政策研究所 所長 飯田哲也氏を招き、原発再稼働の問題点をあらためて考える機会とします。
また、武本和幸氏(原発反対刈羽村を守る会)より、新潟で実行されている特徴的な活動についての報告を受け、原発再稼働を取り巻く状況を共有します。
 
それでも再稼働?新潟の原発~柏崎刈羽原発再稼働を止めようフォーラム
日時:2018年11月23日(金・祝)13:30~16:00
会場:快・決いい会議室HALL A
資料代:500円
 
☆基調講演:環境エネルギー政策研究所 所長 飯田哲也氏
1959 年、山口県生まれ。京都大学大学院工学研究科原子核工学専攻修了。東京大学先端科学技術研究センター博士課程単位取得満期退学。原子力産業や原子力安全規制などに従事後、「原子力ムラ」を脱出して北欧での研究活動や非営利活動を経てISEPを設立し現職。
☆現地報告:原発反対刈羽村を守る会 武本和幸氏
☆現地スタディツアー報告
☆再稼働止めよう宣言
 
◆参加申込み・お問合わせ:生活クラブ・東京政策調整部
◆主催 柏崎刈羽原発再稼働を止めようフォーラム実行委員会
◆共催 首都圏4単協(生活クラブ・神奈川、生活クラブ・埼玉、生活クラブ・千葉、生活クラブ・東京)
お申込みは、お電話かWEBで  TEL.03-5426-5204

 

 

ページの先頭に戻る