プレスリリース

 プレスリリース一覧へ

生活クラブが第6回環境省グッドライフアワード 環境大臣賞NPO・任意団体部門受賞

地球生態系のためのごみ減量システム「グリーンシステム」を評価

「ごみを出さない暮らし」のために、生活クラブ連合会が1994年から導入している「グリーンシステム」は、容器包装ごみを減らすためにびんの規格を数種類に統一して回収・再使用するシステムです。その取組みと実績が評価され、このたび「第6回 環境省グッドライフアワード環境大臣賞(NPO・任意団体部門)」を受賞しました。

環境大臣賞を受賞した10団体と実行委員のみなさん

年間で約500万本のRびんを回収・再使用、東京ドーム約1個分のCO2を削減

 今年で6回目を迎える環境省グッドライフアワードは、「環境と社会によい暮らし」に関わる活動を応援するプロジェクト。社会をよくする取組みを「環境大臣賞」として表彰、広く発信していくことで、ひとりひとりがライフスタイルを見直すきっかけになることを目指しています。

生活クラブ連合会の「グリーンシステム」は”GARBAGE REDUCTION FOR ECOLOGY AND EARTH’S NECESSITY”(地球生態系のためのごみ減量)の頭文字GREENから名付けられたものです。現在、8種類のリユースびんを採用し、調味料やジュースなど中身が違うものでも、びん容器の大きさを揃えることで回収・洗浄・選別作業の効率アップを図っています。また、2000年からは牛乳パックもリユースびんに切り替え、牛乳びんのプラスチックキャップなどもリサイクル回収を始めています。その結果、今では毎年約500万本のびんを回収・再使用し、累計では約1億2千万本にもなりました。さらに、牛乳びんや牛乳キャップ、プラスチックフィルムの回収と併せ、年間あたり東京ドーム約1個分のCO2を削減しています。これらの取組みと実績が高く評価され、今回の受賞となりました。

小さな選択が大きな力に これからもグリーンシステムへの共感を広げ、進めていきます

授賞式に出席した生活クラブ連合会理事木村庸子さん(右)と南谷えり子実行委員(左)

11月17日(土)に開催された授賞式には生活クラブ連合会理事木村庸子さんが出席しました。また、受賞に際して次のような講評を受けました。

■数種のビンを様々な食品の容器として使って・洗って返して・また使うというシンプルな取組みであり、だからこそ持続可能であること。
■1994年からガラスびんの良さに注目し、率先して『地球のために』と活動を脈々と受け継いできた人たちのゆるがない大志を感じる。
 

 授賞式を終えて、木村さんは「グリーンシステムはとても単純な仕組みです。それを20年以上の年月、何十万の組合員と一緒に続けてきました。改めて振り返ってみると、小さな選択が大きな力になるというダイナミズムを実感します。大勢の組合員一人ひとりの小さな日常の選択は決して無駄なことではなかったと強く思いました。もう一つ大切なことは、この仕組みはびんに詰める食材の生産者の協力なくしては継続できなかったということ。消費者の思いを理解し、一つひとつ課題を乗り越えて、一緒にこのシステムを進めてくれたことに心から感謝しています。今回の受賞を組合員の仲間皆と喜び合い、さらにグリーンシステムを大勢の仲間と共に進めていきたいと思っています。」と、授賞の喜びと新たな思いを語りました。

 生活クラブでは、今後も「毎日の暮らしを私らしく豊かにしたい。」方々をサポートし、安心・安全な食品で健康な食べ方を提供していき、「サステイナブル(持続可能)な生き方」を大切にしていきます。

【2018年11月21日掲載】

 
 

ページの先頭に戻る