ピッキング袋のリサイクル回収の出し方

配達仕分け用のピッキング袋は、回収して、もう一度ピッキング袋に再生利用しています。

ピッキング袋の返却方法が変わります!

ピッキング袋】ドライ(常温)品、冷蔵品、冷凍品、季節品(生活用品)

異物混入を避けるため、底を切ってください。
 

 

野菜のピッキング袋

野菜のピッキング袋はプラスチックと、紙ラベルでできています。紙ラベルが混じってしまうと、リサイクルがうまくできません。またラベルを貼り付けている「のり」もピッキング袋と違う素材なので、剥がすとのりが残って異物になります。必ず切り取ってください。
異物が入ってしまうと分別が難しくなってしまいます。ひと手間かかりますが、必ず、きちんと底を切ってください。

ピッキング袋の回収について

ピッキング袋の返却方法が変わります!

8月22日配達(8月4回)からピッキング袋への配達先表示が、紙ラベルに変わります(*)
それに伴って返却方法を変更します。以下の要領で翌週の配達時に返却してください。ピッキング袋は回収後、野菜のピッキング袋や他製品の再生原料にしますので、ご協力よろしくお願いします。
(*)関西地方の生活クラブではこれまでどおり紙ラベルが使われます。必ず切り取って返却ください。

カタログ・注文書の袋の返却も忘れずに!

カタログと注文書の袋も回収してリサイクルしています。材質はピッキング袋と同じ(高密度ポリエチレン)なので、いっしょに返却してください。
❶異物が入らないようにするため左右の端を切り、開いた状態で返却してください。
❷風で飛ばされないように出してください。
*カタログなどの用紙は、自治体のリサイクルに出してください。
*関西地方の生活クラブでは、カタログ・注文書の袋の仕様は上記と異なります。返却方法はニュース等のご案内をごらんください。