こだわりの消費材

 消費材一覧

調味料

素精糖エルズ選定品

沖縄県北部のさとうきび100%を使用した素精糖を粉末状にしました。和三盆糖のような上質な甘みと調理に溶けやすい砂糖です

沖縄県北部のさとうきび100%を使用した素精糖を粉末状にしました。

1970年代に糖分の取り過ぎが盛んに言われ、自然食品運動グループの中には白砂糖を悪物視して三温糖を利用する人たちが増え、生活クラブ組合員の中からも三温糖を希望する声が強くあり、生活クラブでは「白砂糖に変わる砂糖を開発できないか」と調査を続けていました。そこで(株)青い海から沖縄県波照間島で作られる黒砂糖を紹介し、黒砂糖は白砂糖に比べより自然に近く、純国産であるとして1982年に取り扱いを開始しました。ただ、黒砂糖は蜜分を多く含んでいる為、料理に使いにくいことから利用量も少なく、1年程しか続きませんでした。
生活クラブでは引き続き砂糖の調査を行い、精製糖を作る原料糖の粗糖(分蜜糖)に目を付けました。粗糖は加工(精製)することが前提の為、異物等が入っており、それを(株)青い海で篩(ふるい)にかけ検査するという形で、粗糖のままの製品というこれまでに何処にもない砂糖ができたのは1987年の事でした。「素精糖」の名前は砂糖の素を精製するということから名付けられました。

この消費材を使ったレシピ

この消費材へのコメント


  • 素精糖でつくる!“サーターアンダギー”

  • 原料のサトウキビ

生産者情報

(株)青い海
大城健志さん