こだわりの消費材

 消費材一覧

調味料

素精糖エルズ選定品

沖縄県北部産のさとうきび100%が原材料です。白砂糖や三温糖とは異なり、ミネラル分を多く含んだコクのある味わいとまろやかな甘味が高く評価される、定番の生活クラブ消費材です。

沖縄県産のさとうきび100%から作ったミネラル分の豊富な砂糖です

1970年代、糖分の摂り過ぎが問題視されるようになり、白砂糖(上白糖)を避けて「三温糖」を使う人が増えました。組合員からも三温糖を希望する声がありましたが、三温糖はグラニュー糖や上白糖を精製した後の糖液をさらに加熱して作られるもので、風味は異なりますが白砂糖とは原料も同じで栄養的にも大差はありません。

そのため、より自然に近く白砂糖の替わりになる砂糖を調査したところ、消費材の「真塩」の生産者である沖縄の「青い海」から波照間島産の黒砂糖を紹介されました。さとうきびの自然な成分を含み純国産であることから、1982年に「黒砂糖」の共同購入をはじめました。ところが黒砂糖は蜜分を多量に含み、コーヒーや紅茶、お料理に使う調味料には適さず白砂糖の替わりにはなりません。利用も伸びず、この共同購入は1年ほどしか続きませんでした。

生活クラブは調査を続け、砂糖を作る原料の「粗糖(分蜜糖)」が、白砂糖よりミネラル分を多く含んでより自然に近いものだとわかりました。しかし粗糖は製糖工場で高度に精製する前提の原材料であって、不純物も多くそのままでは消費材として扱えません。そこで「青い海」との研究の末、粗糖(分蜜糖)の特徴を残したまま、家庭でも扱いやすい砂糖とする製法を開発しました。それまでどこにもなかった「より自然に近い砂糖」の誕生です。

砂糖の「素(もと)」を「精製する」ことから「素精糖」と名づけ、1987年に共同購入がはじまりました。その後も水分を減らし蜜分を均一化するなど、より使いやすく風味のよい基礎調味料となるように改良を重ね、品質を高めました。開発から30年ほど経った今では、代表的な生活クラブオリジナル消費材の一つとして親しまれています。

この消費材を使ったレシピ

この消費材へのコメント


  • 素精糖でつくる!“サーターアンダギー”

  • 原料のサトウキビ

生産者情報

(株)青い海
大城健志さん