食の安全を追究します。

 
 

「不要なものは使用しない」「使用したものはすべて公開する」を原則に。

日本で使用されている食品添加物の量から推測すると、日本人はひとり当たり1年間で平均4.6kgもの食品添加物を食べている計算に!生活クラブは、ひとの健康や環境への影響などを考えて、不要な食品添加物はできる限り排除。どうしても必要なものは、安全性を確認した上で最小限使用し、すべて公開しています。

例えば、ウインナー

  • 生活クラブのポークウインナーと、合成食品添加物入りの試作品を比べてみました(動画)(下の画像をクリックをしてください

 

 

  • 食品添加物について、くわしくはこちらから(下の画像をクリックをしてください

生活クラブでは、「食品添加物」「放射能」など、厳しい自主基準をクリアした材料を使い、健康・環境を考えたものを揃えています。

3年連続!!

生活クラブは2015年度オリコン顧客満足度ランキング食材宅配サービス部門(首都圏)において「食材の品質、鮮度」、「食材の安全性」、「信頼度・知名度」および総合で第1位を受賞しました。