おおぜいの自主監査

 報告一覧

「23区南生活クラブ」による「国産果汁のグミミックス」の監査

監査実施日:2015/1/19

監査者 23区南
消費メッセージ委員会
監査参加人数 9人
監査対象生産者 (株)ミサワ食品 監査対象消費材 国産果汁のグミミックス

監査した主な内容

  • 生産ラインの確認
  • 添加物(香料など)原材料について

主に以下のことが確認できました(概要)

  • 原材料の保管状況、生産ライン、乾燥室、検品の様子等を実際に見て説明を受け、グミの作り方を確認できました。その後の工程、充填した液を2日間乾燥させ、オブラートをふり完成させることを説明していただき、機械化されてはいても、作り方は手作業であることが良くわかりました。
  • 成型のための補助材料としてのコーンスターチを技術的な理由から常に継ぎ足しながら作業を行っているとのこと。大量に使用されてるコーンスターチは遺伝子組み換えされてない物を使用していることを、書類で確認しました。
  • 釜や直接グミやゼリーに触れるものは熱湯で洗浄していることのことがわかりました。
  • 菌の検査は6~9月の間は製造がないので、年に2回季節の変わり目に行うことを確認しました。
  • 香料は天然由来のものを含むもので、0.3%入っており、香料を入れないと風味がでなことが分かりました。
  • 異物混入を防ぐために作業着を業者からのレンタルに切り替えたことを確認しました。

監査意見・感想など(概要)

  • 製造元がグミを製造に至る経緯をお聞し、ゼリーとグミでは固める方法が違うけれども、同じ製法で出来る為、グミの生産者を探している時に手を挙げてくださり、現在は生活クラブ向けのみグミを生産していることお聞きしました。
  • 生産ラインの中では型への充填は機械によるものでしたが、その他はほとんどが手作業であり、スタッフの熟練した丁寧で的確な作業でした。
  • 長年の製造方法で、大きな事故や問題などがなかったのは、社員の皆さんの努力だと思います。しかし、昨今報道でもあるように食品会社での異物混入問題が多く発生しています。今までは問題がなくても今後は衛生区との区分管理をしっかり行ってください。

ページの先頭に戻る