おおぜいの自主監査

 報告一覧

「生活クラブ埼玉」による「しめじ(ひらたけ)」の監査

監査実施日:2015/8/5

監査者 生活クラブ埼玉
熊谷ブロック消費委員会
監査参加人数 8人
監査対象生産者 JAちちぶ(福島元文) 監査対象消費材 しめじ(ひらたけ)

監査した主な内容

  • ・しめじを栽培する上で注意している事。他生産者のしめじとの違い。栽培するにあたっての苦労を教えて下さい。
  • ・培地のオガについて、放射能検査体制が整っているか。
  • ・オガ、米ぬか、ふすまは遺伝子組み換えでないか。
  • ・培地の殺菌は蒸気で行われているか。
  • ・廃培地は近郊農家で肥料等に使用するなど、適切に行われているか。

主に以下のことが確認できました(概要)

  • ・しめじの中でも一番難しい「ひらたけしめじ」に挑戦し、原料、品種、安全性にこだわりを持っている。
  • ・収穫後の原料は畑の肥料に利用されている。
  • ・おがくずについて放射能検査をして検出されてないことを確認した。
  • ・おがくず、ふすま、米ぬかは埼玉県産であることを確認した。
  • ・オカラは遺伝子組み換えではない(カナダ産で乾燥は群馬で行っている)。

監査意見・感想など(概要)

  • ・生活クラブ仕様で全量を生産しているのに、その6割しか生活クラブでは消費されていないそうなのでもっと利用結集を進めていく必要性を感じる。

監査後の活動計画(概要)

  • ・ブロック消費委員会機関紙での報告。
  • ・ケース企画の提案(10個入りやくってんべえきのこセット等)。

ページの先頭に戻る