おおぜいの自主監査

 報告一覧

「生活クラブ長野」による「温泉たまご」の監査

監査実施日:2015/11/26

監査者 生活クラブ長野
諏訪ブロック
監査参加人数 10人
監査対象生産者 会田共同養鶏組合 監査対象消費材 温泉たまご

監査した主な内容

  • ・衛生管理体制の状況を可能な限り可能な範囲で確認する
  • ・消費材の事故管理と対策について確認する
  • ・各種マニュアル書での確認もする

主に以下のことが確認できました(概要)

  • ・衛生管理体制については、一部指摘はありましたが、手洗いは石けんを使っていることの確認ができました。
  • ・消費材の事故(異物混入)対策について、新たに異物混入防止マニュアル書の作成をする事の確認と製造工程や目視で徹底して管理されていることの確認ができました。
  • ・各種マニュアル書はしっかり用意され確認できました。

監査意見・感想など(概要)

  • ・事前の準備をお願いした項目について真摯に回答してくださる姿が印象的でした。
  • ・手洗い等、衛星管理マニュアルはあるが、チェック体制が徹底されていないと感じました。また作業者の上着(作業服でなかった)、前掛け(洗濯が個人と言う部分)についても組織、従業員全体で高めていって下さい。
  • ・清掃がいきとどいていない所(保管庫・流し)が目についたが、今後食品を扱っているとの意識向上に努めて下さい。

監査後の活動計画など(概要)

監査で活動を終わりとせず、改めて諏訪ブロックでブロック内の組合員に向けてニュース発行をし、それによって鶏卵、温泉たまごの利用結集に繋げていきます。

ページの先頭に戻る