おおぜいの自主監査

 報告一覧

「多摩南生活クラブ」による「かぶ」の監査

監査実施日:2015/12/17

監査者 多摩南生活クラブ
多摩南ブロック消費委員会
監査参加人数 4人
監査対象生産者 町田地場生産組合 森顕堯平氏 監査対象消費材 かぶ

監査した主な内容

  • ・農薬について
  • ・輪作について(カブの前後に)

主に以下のことが確認できました(概要)

  • ・使用農薬について、わかりました。またなるべく農薬に頼らない方法で害虫駆除や寒さ対策を行っていることがわかりました。
  • ・複数生産者がそれぞれに使用する農薬を農産物データに記載する為、使用品種が多く記載されていることがわかりました。
  • ・休耕期間は、前後に十分にとっていることがわかりました。(6カ月間)
  • ・化学合成農薬の休薬期間も十分とっていることが、わかりました。
  • ・今期は、長雨・日照不足・高温の為、葉が黄色くなる傾向にあることが、わかりました。

監査意見・感想など(概要)

  • ・農薬や肥料などについて、農安心ネットワークと農協と連携して、適切な使用を心掛けていらっしゃることが、わかり安心しました。
  • ・年々増加する異常気象、特に温暖化により、作付計画通りに収穫できないことが多く、多大なご苦労があることがわかりました。食べて応援する活動を広げます。

ページの先頭に戻る