おおぜいの自主監査

 報告一覧

「23区南生活クラブ」による「マヨネーズ」の監査

監査実施日:2016/2/4

監査者 23区南生活クラブ
消費材メッセージ委員会
監査参加人数 12人
監査対象生産者 オリエンタル酵母工業㈱ 監査対象消費材 マヨネーズ

監査した主な内容

  1. 原材料について
  2. 瓶の蓋の塩化ビニールについて

主に以下のことが確認できました(概要)

  • ・フードセイフティからフードディフェンスという考えかたに変え、IDカードでの入出管理や、工場内が衛生的に管理され、異物混入対策もしっかりと取られていることが確認できました。
  • ・製造工程での異物混入対策のために、製造ラインではマヨネーズがメッシュのストレーナーとマグネットを通ると説明がありました。ビン容器の検品、充填後の金属探知機については実際に見せていただきラインを確認できました。
  • ・工場内での事故記録について、きちんと管理されていることが事故調査報告書でわかりました。
  • ・食酢、なたね油が納品されている場所は工場の外にあり、生活クラブのNON―GMなたね油専用のタンクと米酢とリンゴ酢をブレンドされた酢の専用タンクがあり、他の原材料と区別されて専用のパイプラインで直接製造工程に入るようになっており、市場製品との別ラインがしっかり確保されていることが確認できました。納品時の検品方法は品質管理室で入荷次検査項目を設定し、検査していることがわかりました。
    また、官能検査や品質検査を4名の社員で自主検査していることがわかりました。
  • ・原材料の卵黄液鶏卵、からし粉については現物を見ることができました。卵黄は一斗缶に冷凍された状態で納品され冷蔵庫に移し2週間かけて解凍させ、使用前にバーコードで生活クラブ用であることをチェックして使用することで、分別管理されていました。からし粉に残る粒(黒い点のようなもの)があると廃棄対象となり、検品の段階で、1%弱のマヨネーズが加工廃棄物が発生するとのことでした。
  • ・廃棄されたものは専門の業者に依頼し家畜飼料として再利用されていました。専門業者へは2年に1回、処理状況を監査しているそうです。
  • ・外国産原料のなたね油は調査票で国内のトレーサビリティを確認できました。
  • ・ラインや製造工程中の洗浄に合成洗剤ではなく苛性ソーダを主原料とする洗剤を使用していること、分解を要する器具はブラッシングによる洗浄、ラインは自動洗浄で、毎日洗い、排水に流すと説明がありました。
  • ・排水処理は、富里市で定めている検査の実施の他、毎月汚泥濃度、COD値などに自主基準値を設け、検査を実施していることを記録票で確認できました。
  • ・防虫防鼠対策は、アース環境サービスと管理を含めて契約し、粘着式の捕虫器やUVを照射する捕虫器を使用していることがわかりました。
  • ・ラベルの剥がしにくさ解消に向け、新ラベルの変更に合わせて、糊を変更して改善していることがわかりました。
  • ・瓶の蓋の塩化ビニールについて、脱塩化ビニール化のため、メーカーへ検討を要請継続中ですが、代替困難な状況であるという説明がありました。
  • ・ラベルの印刷機がUVインキ対応のために水性インキを使用できないこと、キシレン、トルエン不使用のUVインキであること、また、ラベルの仕様書で環境ホルモン物質を含まないインクを使用していることを確認できました。

監査意見・感想など(概要)

お忙しい中、監査へのご協力をありがとうございます。

  • ・工場で働く社員の体調管理について、健康状態の自己申告と入り口で体温を測って報告することで、体調不良をいち早く発見し、感染性の高いインフルエンザやノロウィルスなどの蔓延を未然に防ぐようにし、また大変工場内がとても清潔に管理されており、異物混入防止のための工場への入室手順も厳重にされていることに安心しました。とても誠実に 安全な食品を作っていただいていることが良くわかりました。
  • ・マヨネーズの製造工程の中で、ビンへ充填するところから、検品するまでの流れは実際に工場で見て、確認することができましたが、衛生管理上見学が難しい工程なためか、原材料を混ぜる作る部分を見られなかった事は残念でした。製造工程のビデオがあると最後にお聞きしましたので、それを見せていただければ様子がわかったと思います。
  • ・卵黄の保管場所を今回は時間の関係で見ることができなかったので、次回はぜひ見せていただければと思います。
  • ・現在生活クラブのマヨネーズ製造が週1回と聞き、利用者を増やす努力が必要だと思いました。
  • ・1%ほどの廃棄が出るとのことでしたので 利用方法は無いものかと思いました。

監査後の活動計画など(概要)

  • ・ブロック広報紙での広報。

ページの先頭に戻る