おおぜいの自主監査

 報告一覧

「生活クラブ静岡」による「木綿豆腐」の監査

監査実施日:2016/9/27

監査者 生活クラブ静岡
富士支部
監査参加人数 6人
監査対象生産者 丸喜食品株式会社 監査対象消費材 木綿豆腐

監査した主な内容

①原材料と製造工程の確認
②衛生管理について
③水について

主に以下のことが確認できました(概要)

①大豆の産地、国内であることを確認しました。
 生活クラブの専用ラインが設けてあり、消泡剤が使われてないことなど、目視で確認しました。
②衛生管理、清掃・機材の洗浄が行われていることを口頭で確認しました。
 防虫・防鼠対策が行われていることを口頭と目視で確認しました。
③節水の姿勢については口頭で説明を受けました。製造に関して水の必要性は感じました。
 排水については適切におこなわれていることを口頭と目視で確認しました。
※容器の安全証明書、インクの成分表を確認しました。

監査意見・感想など(概要)

  • ・手作業で手間暇かけて作られていることが分かりました。
  •  温度や湿度の高いところでの大変な作業ですが、生活クラブの消費材の品質維持のため、努力していることを分かりました。
  • ・原材料管理について袋の汚れが気になるところがありました。
  • ・老朽化のためか、階段がゆがんでおり長靴での昇り降りが危なく感じられました。従業員の方の安全のためにも改善が必要と思われます。

監査後の活動計画など(概要)

・単協消費委員会で報告。
・支部機関紙での広報。
・支部委員会、地区会での広報および利用の呼びかけ。

ページの先頭に戻る