おおぜいの自主監査

 報告一覧

「生活クラブ静岡」による「ティシュペーパースリム」の監査

監査実施日:2016/10/5

監査者 生活クラブ静岡
志太支部
監査参加人数 8人
監査対象生産者 マスコー製紙(株) 監査対象消費材 ティシュペーパースリム

監査した主な内容

  • ・工程における環境配慮の確認。 
  • ・化学物質や使用薬品の安全性の確認。 
  • ・排水基準の確認

主に以下のことが確認できました(概要)

  • 古紙原料・再生原料の内容について古紙100%であることを確認しました。
  • ・製造工程においてリサイクルに配慮してることを確認しました。
  • ・原料の古紙配合により素材が変わることを確認しました。
  • ・排水に関して環境に配慮していることを確認しました。
  •  排水処理をするために富士山からの井戸水を汲み上げて賄い一種類の薬品を加えて不純物を沈殿させきれいになった水を戻していました。その水は専用配水管を通り、田子ノ浦港へ流れるようになっており廃棄物として出るペーパーステッジ(沈殿させた不純物)は有償にてセメントとして再利用されている事を確認しました。
  • ・環境負荷削減の為、ティシュペーパーのサイズに考慮していることを確認しました。
     

監査意見・感想など(概要)

  • ・社長を始め、社員の皆様の環境に配慮しながら取組んでいる誠実な姿勢がそのまま消費材に反映されているように感じました。
  • ・私たち組合員の細かな質問にも丁寧に解り易く答えていただきました。原料の牛乳パック等の不足や価格競争など厳しい紙事情も知ることができ一層、ティシュペーパーの利用促進をして行こうと思いました。
  • ・排水に関しても環境に配慮した体制が整っており今後の利用促進に役立てて行きたいと感じました。

今後も環境に配慮しつつ組合員が安心して利用できる消費材の製造に努めていただきたいと思います。

監査後の活動計画など(概要)

  • ・ティシュペーパーの製造工程における環境配慮や素材、排水について支部会議で報告し機関紙などで組合員に伝え利用促進をして行きます。

ページの先頭に戻る