おおぜいの自主監査

 報告一覧

「生活クラブ長野」による「野菜餃子」の監査

監査実施日:2016/10/18

監査者 生活クラブ長野
上田ブロック消費委員会
監査参加人数 13人
監査対象生産者 美勢商事㈱ 監査対象消費材 野菜餃子

監査した主な内容

  • ・原材料の産地、品質について
  • ・工場の建物と衛生管理
  • ・製品管理について
  • ・包材について

主に以下のことが確認できました(概要)

  • ・ブラックペッパーは和高スパイスの黒こしょうで、消費材と同じ品質であることが確認できました。
  • ・原材料の上白糖を、消費材、または生活クラブが指定する業務用原材料のビートグラニュー糖に変更することは、企画全体に影響がある点や、食味が変わってしまう等の影響が大きく、リニューアルなどの時期でなければ難しいことが確認できました。
  • ・野菜については自社圃場での生産にこだわっていること、無農薬栽培に重きを置いていること、原材料を通年で供給する必要があるので産地指定が難しいことが確認できました。
  • ・衛生管理については、生活クラブの調味料の多くが液体であることや、野菜を多く使う現場なので、日ごろから注意を払っている事が確認できました。虫の発生状況については日ごろからモニタリングを行い、丁寧に清掃を行うことで対策されている事が確認できました。
  • ・コンタミ防止のため、工場で製造するアイテムの順番にも注意されている事が確認できた。
  • ・生活クラブ推奨の無添加追及フィルムについては、品質が安定するまでは使う事が難しいことが確認できました。

監査意見・感想など(概要)

  • ・虫が発生しやすい環境の工場内において、対策を徹底しようとする姿勢が良く判りました。長期休み前のトリモチを使ったネズミ対策が行われていることも、初めて聞く事が出来ました。
  • ・一方で、蓋もされていない小麦粉のケースの横で、洗浄機を使って小型ミキサーを洗っていたり、虫の発生が懸念されるのに、成形機の横に餃子の餡が蓋もされずに置いたままになっているなど、作業工程に問題があるように思える部分もありました。
  • ・製品の味が一定になるように、定期的に餡を電子レンジで加熱して試食して調べたり、主な調味料が液体なので、調合は手間がかかる手作業で行っていることなど、高い品質を維持するための努力が払われている事を知ることが出来ました。また、事故品が発生した際には、全てのラインを停めて情報共有を図っている事は、安心して食べられる消費材であることを再確認する機会となりました。

ページの先頭に戻る