おおぜいの自主監査

 報告一覧

「生活クラブ群馬」による「全粒食パン」の監査

監査実施日:2016/12/7

監査者 生活クラブ群馬
自主監査委員会
監査参加人数 5人
監査対象生産者 (株)味輝 監査対象消費材 全粒食パン

監査した主な内容

  • ・原材料の確認
  • ・衛生管理

主に以下のことが確認できました(概要)

[原材料]

  • ・小麦粉は、北海道産の味輝専用粉である事を確認しました。
  • ・素精糖や真塩などの材料も、小分けしてロット毎にまとめて用意してありました。
  • ・味輝酵母の由来が、荒木社長のお話でよく分かりました。
    (秋田産の米と麹を発酵させることによって、環境中の酵母が呼び寄せられる)

[衛生管理]

  • ・薬剤を使わず、工場内を熱消毒で防除を行っている事を確認しました。
  • ・お掃除シートでの清掃をこまめに行うことで、毛髪混入を著しく減らせた事を確認しました。

監査意見・感想など(概要)

  • ・異物混入対策では、地道な床掃除が効果を発揮する事が分かりました。今後も継続して、事故対策に務めて下さい。
  • ・熱消毒は、コストも労力もかかるものと知りました。薬剤に頼らず、人体に無害な方法で防除を行っている事を評価します。
  • ・エアシャワーの設置がありませんが、毛髪混入防止には床掃除の方が効果的であるとの回答でした。コストもかかりますので、より効果的な方法があるなら設置を急がなくてもよいと思われます。
  • ・離型剤不要な次世代パン型への切り替えが進んで、焦げがますます減ってくることを期待します。
  • ・機械や道具もこだわりを持って、良いものを使って行こうという意気込みを感じました。特に、新しいドイツ産石窯には期待します。
  • ・材料倉庫の床の黒ずみは、気になります。
  • ・酵母作りに手間ひまかけて取り組んでいる事に感動しました。

※丁寧に作られた天然酵母パンを日常的に食べられる事に感謝します。「天然酵母パンは難しい。複雑な工程を簡素化し、後継者を育てて行きたい」という社長の言葉の通り、この味を絶やさずに食べ続けて行けるよう、技術を未来に伝えていって欲しいです。後継者が育つ事を祈っています。

監査後の活動計画など(概要)

  • ・今後の活動として、全粒食パンの情宣を活性化し利用結集につなげていきたいと思います。

ページの先頭に戻る