おおぜいの自主監査

 報告一覧

「生活クラブ都市生活」による「刻みすぐき」の監査

監査実施日:2017/1/19

監査者 生活クラブ都市生活
西宮支部
監査参加人数 6人
監査対象生産者 (農)近江農産組合 監査対象消費材 刻みすぐき

監査した主な内容

  • ・原材料・製造工程・発酵・洗浄・包装について

主に以下のことが確認できました(概要)

  • ・原材料として使用している野菜は、地元生産者のものを使用しており、コスト面でも安くなるとのこと。工場で加工されていたお野菜はとっても新鮮でした。
  • ・調味液を消費材由来のものに変更することは、コスト面で難しいとのことでした。
  • ・工場の生産工程の見学・確認をしました。
  • ・商品・器具の洗浄は、既定濃度の次亜塩素酸殺菌・水洗いでした。一日朝・昼2回行っていました。
  • ・利用している水は地下水で、使用後はゴミを2回取り除き下水に流しています。
  • ・販売先は、生活クラブ以外に、他の生協・学校給食であり、生活クラブと他社との商品の違いは、漬ける工程は同じで、最終段階の調味液のみである。調味液を直接樽に入れず、内袋を使用しているので混在する可能性はない。
  • ・パック詰めの後、品質保持や袋の膨張を止めるため、中身まで殺菌できる温度帯の所要時間で熱処理していました。この処理で乳酸発酵が止まるとのこと。
  • ・容器・包装は熱印字でインキは不使用でした。
  • ・防虫・防鼠対策は誘導灯・粘着テ-プで行っており、殺虫・殺鼠剤は使用していませんでした。
  • ・環境保全に関して、理事が地元の小学生と川の生き物調査を定期的にしているとのこと。

監査意見・感想など(概要)

  • ・お野菜を段ボール箱ごと室内に入れていたのが、衛生上気になりました。
  • ・手洗いのせっけんを、提携生産者のせっけんに、包材を無添加フィルムにすることを望みます。
  • ・すぐきの畑を見学させていただいて、お野菜が無農薬で栽培されていること、地元の新鮮な野菜を原料としていることが確認できてよかったです。
  • ・工場は、整頓されており、手作業が多く丁寧に製造されていると感じました。
  • ・調味液を消費材由来のものにすることが、コスト面的に可能でしたら望みます。
  • ・自主監査や自主管理担当者を若手社員にひきついでいく姿勢・地元の生産者さんとの関係・監査の時の対応など、とても誠実で好感がもてました。これからも地元の生産者さんとがんばっていってほしいと思います。

監査後の活動計画など(概要)

  • ・監査報告を支部機関紙に掲載します。
  • ・4月に自主監査報告会を実施し、高木さんに簡単つけもの教室を開催してもらいます。(監査の時ご馳走になった、塩おむすびと漬物の試食を提供する予定です。)

ページの先頭に戻る