おおぜいの自主監査

 報告一覧

「多摩南生活クラブ」による「DORA焼き マスカルポーネ」の監査

監査実施日:2017/1/30

監査者 多摩南生活クラブ
まちづくり委員会
監査参加人数 7人
監査対象生産者 (株)紅葉堂 監査対象消費材 DORA焼き マスカルポーネ

監査した主な内容

  • ・包材について(材質、インキなど)
  • ・製造ライン、作業着、手洗いなどのせっけん洗浄について
  • ・廃棄物のリサイクル・省エネについて

主に以下のことが確認できました(概要)

  • ・包材のインクは、水性ではなく油性であることを確認しました。
  • ・浄化槽を設置し、微生物を利用して汚水を浄化して排水していることを確認しました。
  • ・2016年に自動洗浄機を導入し、合成洗剤による器具洗浄に変更になったことを確認しました。手洗いについては石けんを使用していました。作業着の洗濯は外部に委託していました。
  • ・段ボール、生クリームの一斗缶を、リサイクルに出していることを確認しました。
  • ・埼玉県産の小麦粉を使って地産地消の活動をすすめていることを確認しました。
  • ・卵は産んだ日に手割りし全卵で納品されたものを、翌日に使用していることを確認しました。
  • ・解凍方法が包材に記載されていませんが、チーズクリームに凝固材を使用していないため常温での解凍時間が長くなるとゆるくなってしまうので、冷蔵解凍が望ましいことを確認しました。

写真:保管室で、粉類や砂糖など原材料の保管状況を確認

監査意見・感想など(概要)

  • ・包材の切り替え時には、解凍方法の記載について検討をお願いします。
  • ・自動洗浄機が導入され、合成洗剤による洗浄が行われるようになったことを聞き、非常に残念でした。洗浄機においても石けん類の使用ができないかせっけんの提携先に相談されることを希望します。
  • ・提出された自主基準登録を確認して監査ポイントを話し合い、事前準備依頼書を作成しましたが、多くの点で○×回答に間違いがあったことが、事前準備依頼書への返答でわかりました。重要な自主基準登録において責任をもって正しく回答されるよう望みます。
  • ・無添加追及フィルムの使用について、容易でないことはわかりましたが、消費材のレベルアップをめざす中で、その可能性の追求も継続されることを望みます。

ページの先頭に戻る