おおぜいの自主監査

 報告一覧

「生活クラブ大阪」による「木綿豆腐」の監査

監査実施日:2017/2/15

監査者 生活クラブ大阪
理事会
監査参加人数 6人
監査対象生産者 (株)豆伍心 監査対象消費材 木綿豆腐

監査した主な内容

  • ・消費材事故の管理と対策について
  • ・汚水処理について
  • ・容器包装について

主に以下のことが確認できました(概要)

  • ・製造ラインの洗浄に合成洗剤を使用している。異物(プラント配管内にこびりついた豆乳の塊(タンパク質等))混入を防ぐために現在のところ最善策として使用していることが分かった。また、使用後のお湯洗浄を徹底していることを確認した。
  • ・排水・排煙処理については、流しているのは大豆から出る泡と水なので下水処理に対する問題はないことを確認した。将来的に浄化槽は完備することを目標としている。おからについては夏場や暑い時期にかけてはBMW生物活性水を使用して臭い対策を行っていることと、近隣より騒音についての意見があり、ボイラー稼働時間を制限していることを確認した。
  • ・建物の構造上蒸気や油煙が全体に行き渡りやすくカビの発生につながりやすいが、天井には水滴が残りにくい素材を使用、揚げ場にはフードを設置し換気を良くしている。また天井の拭き掃除を行うなどの対策をしていることを確認した。
  • ・過去1年間にあった事故1件の異物混入について、混入物(衣服の繊維)を確認した。1時間ごとのローラー掛けを強化しており、髪の毛の混入は過去2年間ゼロを維持していることを確認した。
  • ・防虫防鼠対策は、狭い工場ゆえ手の届かない場所はあるが、工夫して社員の手で清掃している。浸漬槽裏、プラント裏などの掃除は年4回洗浄を行っていることを確認した。見学した範囲において清掃は行き届いていた。二重扉・エアーカーテンによる防虫対策をしている。扉の取っ手は触るたびにアルコールスプレーをかけて菌を入れないようにしていることを確認した。
  • ・基準検査を上回る頻度・項目での検査は、品目が多いため豆腐・揚げ類に関しては隔週、きざみ揚げは一段階手を加えるので毎週、検査を実施している。製造工程のなかの最初の段階から、菌数を増やさない努力を最大限に工夫していることが確認できた。
  • ・従業員の検便検査(腸管病原菌(PCR):赤痢菌・サルモネラ・腸管出血性大腸菌O157)は毎月、実施している。放射能検査は大豆収穫後1回実施していることを確認した。
  • ・容器包装には塩素系化合物が含まれないインキを使用している。価格面、豆腐の特性を考えて、現段階において最善と考えられる毒性のないものを使用していることを確認した。
  • ・容器包装のバリアフリーについて、イージーオープンのシールは開けやすいがシール不良があった場合に腐敗に繋がりやすいので、現在のところシールの変更は考えていないことを確認した。(なお、2連豆腐はイージーオープンを採用している。

監査意見・感想など(概要)

  • ・大豆の生産者とにがりの生産者の元へ定期的に訪問され、品質についての積極的な意見交換や学習会などで交流を深めておられることについて、より良い製品作りへの熱意を感じました。今後も継続して原料生産者同士の結びつきを強めていってください。
  • ・水につけた時に粉の混入を防ぐため、ゴム手袋をパウダーフリーのものに去年より変更されている。パウダーフリーの手袋はつけるのが難しいと思いましたが、不便より衛生面での事を考えての変更であることが分かりました。
  • ・2連パック豆腐の消費期限の印字を両方に着けて欲しいとの要望について、2月をめどに包装機および印字機を新しくされるとのことで、2連の両方に印字されることになり消費期限の確認がしやすくなると思います。
  • ・工場内の清掃に関して外注すると合成洗剤や塩素系の殺菌の使用などが考えられるため、食の安全を考えて工場内に出来る限り不要なものを入れたくないという思いで、従業員による日々の清掃や大掃除などを行っていることがわかりました。
  • ・立地条件などの制限がある中で、食品工場として事故の無いように様々なチェックシートを使用し、従業員の意識を高めながら、自主基準に沿い、組合員の期待に応えるよう工夫し、努力されていることが確認できました。その工夫と努力に応えるべく、私たちは改めて利用拡大のために伝える努力をしていきたいと思いました。

監査後の活動計画など(概要)

  • ・産直春のつどいで監査を実施した事を伝えます。
  • ・クラブ通信に自主監査の様子の記事を掲載します。
  • ・17年度は4ブロックで豆伍心の豆腐を利用結集材として取り上げます。監査で学習した内容も活かしながら、安心安全で美味しい、私たちの自慢の豆腐類の良さを組合員に知らせ、利用増につなげます。

ページの先頭に戻る